新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「対面と遠隔の併用が61%、遠隔のみが24%だった。対面を全面的に実施しているのは15%にとどまった。」

私だったら「対面じわり解禁へ」としたいところですが。。「大学は依然として遠隔」というイメージありきなのかなぁ、と穿った見方をしたくならなくもないです。

アンケートをとってみると、遠隔がよいと答える学生も少なくない数います。数字は学年や学科や状況によって異なると思うのでここには記しません。また、コロナをきっかけとして下宿先を引き払ってしまった学生もいます。

むしろ、いま議論しているのは対面でしかできないことと遠隔でもできることをわけて混線を起こさないように工夫するにはどうしたらよいかということです。1限目遠隔、2限目対面なんてなったら結局動かないといけないですからね。

気にしなくては行けないことは対面・遠隔を選んだときにそれによって学習の質や成績の付け方で利益や不利益が出ないようにすること。もちろん、新入生のケアも大事です。特に演習なんて、演習することも大事ですがそこで生まれるコラボレーションやコミュニケーションのほうがもっと大事です。

何度も言いますが、私が言いたいのは遠隔がいいとか対面がいいとか一元的なことではなく、誰が頑張っているとか頑張っていないとかでもなく、記事ではどうしてもある一面しか切り取らないので多角的に議論する必要があるということです。
オンラインだけでなく、テクノロジーや工夫して、リアルもやるべきだ。