新着Pick
734Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
毎週木曜夕刊の「ディープな科学」、6回目のテーマは、量子コンピュータです。

量子コンピュータには主に、特定の問題を解くのに特化した「量子アニーリング方式」と、現在のコンピュータの上位互換とも言える「ゲート方式」があります。

量子アニーリング方式のコンピュータは、カナダのスタートアップD-Wave Systemsによってすでに製品化されているのですが、実はその基になった理論を提唱したのは2人の日本人研究者でした。

今回、その一人である門脇正史氏、さらにD-Wave社のCEO,アラン・バラッツ氏へのインタビューが実現しました。

量子アニーリング方式とはどんなアイデアなのか、またこの量子コンピュータでどのような問題を解こうとしているのか。
難解な分野ですが、噛み砕いてまとめているので、ぜひご一読ください。
量子コンピュータとはどういうものなのか、何が出来るのかという基本から丁寧に教えていただきました。
あまり自分には馴染みのない技術かと思っていましたが、実は自分の身近な課題を解くのにも役立つことがわかり、とても興味深く思っています。
東芝では、何に量子コンピュータが使えるか、
有望な複数の領域と、可能性の領域に分けて
いる。

東芝では、世界最高性能のシュミレーテッド
分岐マシンを開発し、具体的なアプリ開発を
進めている。

本格的な量子コンピュータが完成する前に、
事業化の領域を見定める事が大切だと、
考えている。

https://www.toshiba-sol.co.jp/pro/sbm/index_j.htm
量子コンピュータについては素人なので若干の間違いはあるかもしれないけど、(シミュレーテッド)アニーリングっていう普通のコンピュータ用のアルゴリズムがあることが前提知識としてあると思う。

量子コンピュータの原理を応用してアニーリング専用機を作ったのが量子アニーリングマシンで、普通のコンピュータで解けない問題が解けるわけではない。

そう考えると、量子コンピュータの文脈で量子アニーリングを扱うのは未だに違和感がある。それだったら光量子コンピュータなどのほうが適してる気が。

巡回セールスマン問題が解けないという話もある
https://www.itmedia.co.jp/news/spv/1906/03/news033_3.html

あと、量子コンピュータが実現したら、ビットコインなど暗号を利用した仕組みは崩壊するのに、ビットコインを支持するような人たちが量子コンピュータにも期待してるのにも違和感あり。
“最適化問題”は仕事で使っています。例えば前立腺に十分な放射線量を入れたいけれども隣接する直腸には入れたくない。近傍の膀胱の線量もほどほどにして欲しい…といった複雑な治療計画で“コスト関数”を使っています。

“今、局所的な<谷>にハマったな….今、離脱したな…”というのがグラフ表示でよく分かって楽しいです。以前は計算に40分くらいかかっていましたが、今では5分くらいで終わってしまいます。量子コンピュータができたら、秒の単位になってしまうのでしょうか。ますます多忙になってしまいます。
最適化流行ってー

みんなそっち行ったあとでAIやりますので