新着Pick
344Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自動運転技術を開発する、Pony.aiのCEO、James Peng氏、来る来ると言われている自動運転車が走る世界が5年後にも見られると話しています。

アメリカではグーグル系のWaymoがいち早く自動運転車のタクシーを公道で走らせました。これはアリゾナ州だったのですが、カリフォルニア州で初めてタクシーを走らせたのがPony.aiです。

新型コロナで、UberやLyftなどのライドシェアが厳しくなったのと同様に、自動運転車もライドシェアサービスをテスト運用するのが難しくなっています。

そんな中、急激に増えるデリバリー需要を取り込もうとビジネスを拡大(ピボット)しているのはPony.aiだけではなく、Waymo、Auroraも同様です。その一方で、体力がないところはアマゾンが割安で買うという買収劇も合わせて起きています。

確実に新型コロナで、デリバリー、自動運転(ロボット)といった分野に今大きな変化が起きていて、これは今後どんどん加速して行きます。要注目です。
新事業の実現化が見えてきてワクワクします。
完全なドライバーレス化・量産化によるコストダウン・市民の意識の変化、という3つのハードルも超えていくのは時間の問題。
多数の競合の中で生き残るのは、それらをスピーディに実現していく会社なんでしょうね。
主な先行プレイヤーが、日本ではなく、米国や中国企業というのかちょっと悔しいです。
「中国版ウェイモ」と呼ばれる自動運転企業Pony.ai。

自動運転といえばアメリカのイメージが強いかもしれませんが、最近は米国のスタートアップで資金が枯渇してきているとも言われております。1番の理由は米国ではL4自動運転開発企業が多すぎて、資金が分散してしまうからです。

それとは対照的に、中国ではL4の自動運転を研究開発する企業は百度(バイドゥ)、滴滴出行、Pony.ai、「AutoX」「文遠知行(WeRide)」など数社のみで、投資家もL4の自動運転に楽観的でもあります。

加えて、自動運転に必要な5Gインフラの構築、電気自動車の普及や関連政策において、中国は米国よりも進んでいます。深センと上海では5Gカバー率が95%ですが、米国では大都市でもほとんど5Gは導入されておりません。
自動運転車は交通手段のひとつです。どんなシーンで使うかが明確でない場合、目的と手段が違うため齟齬をきたします。農業や漁業、林業など目的が明確な場合は、自動運転車の実用化ははやい。

特定のエリア内での走行であれば、すでに自動化された交通手段は結構あります。公道を走る完全自動運転車の場合、運転技術だけで解決できるというものではないようです。
国内では日常型のフードデリバリーが活況ですが、元々は会議・法事・慶事に強い仕出し業も存在します。この辺りは1配送辺り単価も高く基本車なので、この辺りが自動運転の車に切り替わるのも期待したいところです。
現実を見定める目と明確なビジョン。あとは社会インフラを変える力が揃えばやってきそう「交通システムを完全自動化するためには多くの作業が必要です。自動運転車の技術に加え、規制、道路、交通ルールなどの既存の交通システムについても変化が必要です…明日や来年に実現する話ではありません」
カリフォルニア州での自動運転車の公道走行距離の表がとても興味深いです。ウェイモがダントツでGMクルーズが続いてて、この2社がかなり抜きん出ているように見えます。これ、全世界で考えると、どんな風に表が変わるか、とても気になります。
もうすでに今年完全自動運転で走り始めているはずじゃなかったっけ?WaymoとかCruiseとか
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。