新着Pick
336Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
小売各社は独自化を推進すると思っていたので意外でした。ただ、セブンさんからするとやりたいことは決済サービスではなく、顧客とのタッチポイントの創造とコストの効率化なので、目的が達成されるのであれば決済機能にPayPayを使っても良いということですかね。

PayPayとセブンのコラボレーションが加速している背景として、セブン&アイ・ホールディングスから清水執行役員が、ZHDの金融事業持ち株であるZFinancialに移られたのも関係あるのでしょうか?
セブンほどのリアルの接点を持っていれば、むしろ決済はこうした外部のものと連携していくのがスマートな印象。外部サービスとの連携でうまくオフラインだけでなくオンライン小売の顧客接点でも早くスタンダードを作ってしまうことが何より大事になりそう。これからの動きも注目。
今でもpaypayで決済できますが、セブンアプリ使う動機としてこれはわざわざ使う理由になるかも
"会員コード提示で受け取れるバッジやセブンマイル(税別200円購入で1マイル)と、PayPayボーナス(支払額の最大1.5%)を同時に受け取ることができる。"
毎回、セブン-イレブンアプリとPayPayアプリを切り替えて出すのが不便でした。
これで、やっと一つになりますね。
ファミマもローソンも、ぜひやってほしいですね。

ファミマアプリでポイントを事前登録できるように、事前にどの決済を選択できるのが一番です。
へー。
なぜPayPayに落ち着いたのかなあ。

当座は決済手段のひとつかもしれませんが、セルフレジや無人店舗が増えてくる時にどんな位置づけになるのか。
当座の経済条件や購買履歴の管理と活用主体はだれかなどいろいろ確認してみたいことがあります。
PayPayが使えるのはありがたいが、なぜnanacoでなく、PayPayを自社アプリの決済機能にしなくてはいけないのか?

nanacoのデジタル化の失敗を払拭できないのかもしれませんが、せっかく素晴らしい独自マネー持っているのだから、ソフトバンクにnanaco決済のデジタル化の開発受託でもしたら良いのにと思ってしまいます。

もちろん既存システムを実装するほうが簡単ですからね。

なんかデジタルやらなきゃで進めているなら、そんな無理しなくてもえーと思いますけどね。
セブンのCRMアプリであるセブンアプリに決済アプリとして
PayPayが搭載されるという話。

もともとセブンは自社Pay(セブンペイ)を追求していた。
それがセキュリティ問題で撤退することになり、再度の自社ペイを普及させるのはタイミング的にも難しいと考えたのだろう。
これでコンビニ3社は、ファミマだけが自社Payを持つ会社となった。
ローソンは、AU payとd払いとの2社との連携を図っている。

セブン=d払いという連携の可能性もあったと思うが、
セブンは普及率第一位のPayPayとの連携強化を選んだ。

一世代前のデジタル化時代には、
コンビニ3社で
唯一「自社の電子マネーと自社ポイントサービス」を持たない会社だった。

それが、コード払導入後のデジタル化で、
唯一「自社Pay」を持つ会社になったのは興味深い。

ちなみに、セブンアプリにPayPayが標準搭載された場合、
セブンアプリ側で完全にPOS情報が取れるので、
購買情報が自社でとれないという問題はないのだと思う。

その点、ローソンのように、
自社CRMであるポンタを必ずしも提示しない
(アプリを必ずしも立ち上げないで)
各種決済手段を使う人が多い(比率は不明)会社は、
購買データと顧客IDを紐づけしにくいと思われる。
nanacoという貴重な資産があるにも関わらず、経営戦略のミスで上手く活かせなかったのは残念。

普通に考えれば非接触型であるnanacoのほうが利便性が高かったはずですが、QRコード決済のブームに巻き込まれ7Payで墓穴。。。
そして、nanacoすら使われなくなってしまった(苦笑)

今頃nanacoかSuicaで覇権争いしてたかもしれません。
もしくは仕様を外部に開放したり、SuicaやWAONとの統合も模索できたはず。
全員がPayPay使うわけではなくても、全国チェーンで頻度高く訪問するところでデフォルトで搭載されるのは大きいと思う。
そしてこういうことの積み重ねでシェアや習慣化は作られていく。
7payの失敗は大きかったのですね。スタートダッシュにつまづいて、もう取り返しがつかないのでしょう。
セブン‐イレブンが導入したことにより、日本はpaypayで勝負がついたかもしれませんね。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
4.48 兆円

業績