• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

モーリシャス「最悪の事態に備えを」、商船三井の貨物船座礁で

REUTERS
53
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 松沢 優希
    badge
    日本IBM サステナビリティ担当 シニア・マネージング・コンサルタント

    他の報道も踏まえて整理をすると、元々この船は5つのタンクに重油計約3800トンを積んでおり、そのうち一基が破損、1000トンを超える燃料が既に海洋に流出。破損した燃料タンクからの流出は止まったが、まだ他の燃料タンクに重油が残っている。現在船体の亀裂が大きくなっており真っ二つとなるリスクもあることから、更なる漏出が考えられ得る、ということですね。

    以前コメントした通り、油類の海洋流出は、美しい海を汚し漁獲量に影響を与えるだけでなく、水鳥や海洋哺乳類、海洋植物や植物プランクトンの光合成にも影響し、中長期的にその地域の食物連鎖のバランス崩壊を引き起こします。最小限に留まったとしても、漁業や観光業の風評被害に繋がるでしょう。地元の経済、食料安全保障、健康への影響は計り知れません。

    現場付近の海岸沿いには、国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)に指定された区域もあります。水鳥に直接油が付着すると、水に浮いたり体温を維持できなくなるほか、羽繕いの際に体内に入り内蔵疾患が起こります。一旦汚染されると、人間が洗浄しない限り回復は難しく、多くが死んでしまいます。

    今回、モーリシャス政府は「座礁した船を引き揚げる技術や専門知識がない」として環境緊急事態を宣言して、フランスや国連に支援を求めています。フランスに支援を求めたのは、モーリシャスの近くにフランスの海外県レユニオン島があるためです。いずれにせよ、フランスと日本で現地の協力を得つつ対策しているということですが、これでも足りない場合は他に助けを求めるなど、最善を尽くす必要があると思います。https://www.bbc.com/japanese/53691121

    【8/11 19時 一部削除】船籍についての指摘は誤解を与える表現でしたので削除させていただきました。ご指摘のコメントをありがとうございます。

    過去のニュースとコメント↓
    https://newspicks.com/news/5136192?ref=user_1549708
    https://newspicks.com/news/5133538?ref=user_1549708


  • Sato Y

    パナマは関係ありません。この船は岡山県の長鋪汽船が実質的に所有し、商船三井が運航しているものです。一般に、外航船舶は、パナマに限らず、タックスヘイブンに子会社を設立し(いわゆる便宜置籍船)、形式的には、その子会社の所有にします。船長をはじめオフィサーはインド人、ワーカーはフィリピン人が多いと思います。子会社の利益は、CFC税制により親会社の利益と合算され、日本で申告されます。


  • Kitaura Teruyasu
    自家焙煎珈琲やすらぎ 代表

    日本での報道の少なさ。
    あまりに他人事。
    これもまた、愚かな一面。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか