新着Pick
112Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
とにもかくにも、今、日本企業はデータによる変革を成し遂げなければ本当にまずい。米、中、印だけでなくEUや東南アジアの企業にもどんどん追い抜かれていく。大手企業が投資をし、よい結果もでだしているので、加速するといいですね。
2016年の情報通信白書は、米国企業はICT投資をビジネス改革などに向けた「攻めの投資」であるのに対し、日本企業のICT投資がコスト削減を目的とした「守りの投資」だと分析しています。
また、日本企業のICT投資/GDPは米英などに比べ低く、不況時には低下するが、米英などは不況時に高まるという調査結果も示します。企業経営がICTを見る視線の低さは20年ほどの傾向で、日本起業の競争力が低下した主因だとぼくは考えます。
コロナでようやくDX。遅きに失しました。けれど、コロナなかりせば令和もDXなくFAX文化で終わりそうなところ、一気に進むのは朗報、ととらえることにします。
予算の付け方で、イチモツの大きさ比べをしてもしょうがない。
先に予算を提示すると、無駄ガネが使われていくことになる。
財務的には複雑になるけど、二段階式にすることが必要と思う。
つまり、この予算をデジタルに使うことを必達化するんじゃなくて、デジタル「にも」使える予算バッファをこれくらい頑張って用意しましたよ。早くしないと、他の案件に消えていくので、コロナ対応dxをするなら、経営陣を納得させられる提案をしてくれたら、二段階目の門戸が開きますよと。
ハイエナのようなクソ業者にdx予算が吸い込まれるのは本当悲しい。200億あったら、たった1、2億の提案でも大きなものを変えることができて、ロジ・人事を変えることに残りの198億を使うべき。
企業全体の設備投資は減る中で、デジタル技術の設備投資が大幅に増加。
医療機関のデジタル化も早急に進んでいます。

>企業のIT(情報技術)投資の計画額は前年度実績比15.8%増と大幅に増える見通しだ。
「デジタル投資増」と「DX加速」の関係者が薄いことは、みなさん、ご存知のとおりです。

「DX」は「手段」ですので、「手段」を「目的化」してしまうような活動では「本当の目的」を達成できません。

「DXを目的化」するコンサルやサポート企業とは組まないことが重要ですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
#これもDX