新着Pick
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「同省は同日付で、これまでに入力したデータを印刷するなどして保存するよう求める通知を全国の教育委員会あてに出した。システムは9月10日までで稼働を終える。」

ポートフォリオを紙出し…。それも9月10日まで。

教育委員会宛の文科省通知には、以下のように書かれています。
「JAPAN e-Portfolio」の運営許可の取り消しに伴い、機構による運用が停止されるため、これまで生徒が登録した情報は、「JAPAN e-Portfolio」を通じては令和3年度の大学入学者選抜に活用することはできません。生徒の登録情報の取扱に関しては機構と文部科学省とで調整を行いましたが、登録した情報を保存したい生徒は、令和2年9月10日までに、学びのデータの画面から登録した情報を複写・貼付、または画面を印刷するなどして、自らのデータを直接保存してください。」

ただでさえコロナで例年と異なる状況下で、その中で入試制度が大きく変わるタイミング。その目玉の一つが、直前に運営許可の取り消し、eポートフォリオは入試に利用できないという変更。記録を残しておきたければ、印刷しておくか書き出ししておくようにというのは、あまりではないかと。

教育情報管理機構のサイトでの説明文が、また何とも言えないです。
https://eimo.or.jp/
「文部科学省が特段、大学数の増加に係る促進策を講じなかったことから」と、教育情報管理機構の方にも言い分があるようですが、大人の事情の狭間に生徒が巻き込まれてしまったようにも思えます。

e-portfolioのトップページには「その先へ。意思と可能性をつなぐ架け橋」とあります。

その架け橋が崩れてしまったわけですが、崩れるせよ崩し方というものがあるのではないかと感じる次第です。
運営許可が取り消しとなったジャパンeポートフォリオですが、なんと年度末も待たず、9/10にシステムを停止するようです。
文科行政としては異例のスピード感。ちと普通の進み方ではないですね。
これは一体どういうことなのか。債務超過が根本原因だとしても、いきなりその状態になった背景に何があったのかまで知らないと理解し難い案件です。そもそものビジネススキームの見立ての甘さだけが原因とはとても思えませんが果たして・・・