• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

マイクロソフト、TikTok全世界事業の買収模索=報道

338
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    中国トレンドマーケター

    バイトダンス社は、中国本土の中国版TikTok(DOUYIN)で稼いだ潤沢なキャッシュとノウハウをTikTokに注いでいるから、大成功しているのであって、世界版のTikTokのみを分離させてマイクロソフトが運用するとなると、確実にパワーが弱まってしまうだろう。実際に、DOUYINとTikTokのマーケチームは同じビル、同じ階の隣の島だった。そのくらい、綿密に日々情報交換をしていたのだ。

    更に、北京本社側の若い20代のマネジメント陣のセンス、アイディア、スピード感をもってTikTokは短期間の間で大きく進化してきたのだが、成熟した大人な企業であるマイクロソフト傘下に入った場合、同じようなスピード感が出せるのだろうか。

    いずれにせよ、プロダクトに取って最善の方向性に向かって欲しいと願うばかり…。


  • badge
    ドリームインキュベータ インド社長/インドVC投資責任者

    TikTokを含む中国アプリの禁止への
    インド政府の公式見解は

    1)インド人の個人情報が中国側のサーバーに流れていて
      プライバシーが守られていない
    2)中国は、インド企業に中国市場への公平なアクセスを認めてない
      (インドが中国企業に認めているように)

    同じ時期にカシミールで印中両軍の衝突で死者がでたが、
    それは明示的には禁止の理由にはあげられていない
    ※個人的には、インド国民の間での対中感情は急速に悪化しており
     禁止を決定する後押しにはなったと、見ている

    もし、マイクロソフトが買収するなら
    マイクロソフトはインド国内に大規模な拠点を持っており
    上記問題は解決されると思う。

    ここ数週間は、インドでTikTokが退場した穴を埋めようと、
    いろんな企業が蠢き始めていたが、
    仮にMSの下でTikTokが再開されると、
    インドのConsumer Tech分野の勢力図が
    どうなっていくか、更に目が離せなくなる。


  • badge
    フェリス女学院大学/ 二期会 教授/ 声楽家

    これは国の対立にそれぞれの利益を代表するグローバル企業が動いている構図で面白いですね。ただこの辺りのSNSは栄枯盛衰が激しい。TikTokは買収されるころには中国以外ではブームが去りそうな気も…ノウハウも中国に溜まっていそうで、ナレッジの移転も難しいのではないかなぁ…
    そもそも中国の出方も気になります。今回のこの一連の報道は、MS側がメディアを使って牽制に出ているということなのかしら?


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか