新着Pick
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
わからなくはないが。
こういうのにいちいち考慮しないといけないなんて。
広告ってタイヘンですね。

でもなぁ、バナナを棒付きキャンディにした所でツッコむ奴はいるし、キリがない気もします。

むしろ、こういう広告を見てもそういう下世話な解釈しない社会の方が成熟した良い社会だと思うんですけどね。
バナナ=男性器の象徴とすぐ結びつけて考えるその脳の方がおかしいわ。そればっかり考えてんじゃないの?難癖以外の何物でもない。
昨今のエロや性に対して、精神異常にも等しい過敏な反応が目立つんだが、その反応のなんか適当な名称とかないのかしら?
シンボルで考えるって発想が日本人にはないから、日本でアートが流行らない面はありそう。西洋美術なんてほとんどはキリスト教やギリシャ文明のシンボルで出来てるかも。

でも、押井守の作品なんてキリスト教シンボル辞典からの引用がほとんどだという話もあるし、そういう作品が日本でも受けるなら表現方法が少し違えば日本でも論争にはなりそう。

製作者のうつ体験をゲーム化した「ネバーエンディング・ナイトメア」のゲーム散歩見てからは、そういう見方の人もかなりいるんだなという感覚も育ってきた
https://youtu.be/oKlhgGcVTRE
英語(風)で命名した製品名が、英語で発音すると下ネタに聞こえるとか実は何かのスラングだったみたいなことにならないよう気を遣ったことがあるので、こういう記事を見ると他人事に思えなくて胃に来ます。
(ちなみに炎上する夢も見たことあります)

こういうのってネイティブチェックとも違うし、どうやって事前チェックしたらいいのやら...
こういったクレームがあると、広告主の覚悟が試されますね。

自分で問題なしと判断したのであれば、理由と共に、突っぱねるという手もありますよね。

解釈は多様なので、一部の人達は、実に極端な解釈もするでしょう。
それを100%カバー、対応しようと思ったら何もできなくなりますし、面白みもないものばかりになってしまうと思いませんか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
どの国の広告会社か存じませんが、メリケン感覚では、十分予想できる反応の範囲内だと思いますねぇ ドイツではok かもですが リリース前にユーザーテストしなかったんですかねぇ
【国際】広告をつくる際には、そこに登場する人や物の「心理学的な解釈」まで検討しなくてはならないということか…。アウディではないけど、以前「赤いスポーツカー」(ホンダのCRZ)を所有していた自分は、「心理学的」には、車を通じて「エロチシズム」と「性的能力の代替」を表現していたということらしい。
「赤いアウディにもたれてバナナを食べる少女」・・ただの宣伝写真だと思ったら大間違い。

記事を読めばわかるようにこの社会に住む大多数の一般人はこんな写真なんか別になんとも思わないわけですよ。だからこそこの宣伝写真がOKになったわけで。言い換えればこの写真への批判とは「ある特定の性的嗜好を持つ者だけがわかるセクシャルなものの象徴」だということにほかなりません。

ただの写真が「性的に見えてしまう」という批判者。つまりそんな批判者だけが「その意味」を知っているというわけです。批判者の心の深層にある隠れたペドフェリア的な性嗜好を批判者自身が図らずも明らかにした。こっちのほうが薄気味悪いとわたしは思いますけどね。
アウディ(ラテン語:Audi)は、フォルクスワーゲングループに属しているドイツの自動車メーカーである。 ウィキペディア

業績