新着Pick
378Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イタリアは、先週だと毎日の新規感染者確認は300人程度、毎日の死者は10人程度、が平均です。もはや毎日の新規感染者確認が7万人、毎日の死者が1400人を超えた米国から見ると、イタリアの現状は「脱却」であり、「模範国」といえるのでしょう。
 世界的に見れば、最も感染の抑え込みに成功しているのは、間違いなく台湾とベトナムです。米国、少なくともニューヨーク・タイムズから見ると、台湾やベトナムを「模範」と仰ぐことは受け入れがたいのでしょう。台湾やベトナムの措置は、一時的であれ隔離や閉鎖、そして接触者の追跡によるプライバシーの侵害、といった強力な人権の制限を基本にしており、実際、米国社会で実行するのは無理でしょう。
 米国から見て、模倣することがまだしも可能に見えるのが、イタリア、ということなのでしょう。イタリアは、毎日の新規感染者確認が6000人、毎日の死者が800人に達した5月後半と比べると、入院者も非常に減りました。5月後半の状況は、イタリアの医療のキャパシティを完全に越えており、ロシアや中国、キューバからまで医師を派遣されて支援される有様でした(ドイツやフランスからの支援がごくわずかだったことは、イタリアでは忘れられないでしょう)。
 イタリアの現状は、日本の経験から見ても、再び増加に転じる可能性が無いといえるものではなく、「脱却」したというのは楽観的に過ぎるように見えます。
10月まで緊急事態宣言中のイタリアがコロナ禍から脱却できたといえるのか、少し疑問ではありますが、感染者数は確かに以前とは比べ物にならないくらい減っているようです。日本は逆に緊急事態宣言以前より、感染者数は増えている。

学ぶとすれば、やはり今も緊急事態宣言と同じ行動を取るということでしょうか。イタリアでは国民の結束力が強まったとありますが、日本も結束力を強め、お互いに支え合いながら守りを固めることが大切ですね。
「模範国」という評価には違和感がありますが、イタリアが感染者数を低水準で保っているのは事実。対照的にスペインやフランス、ベルギーなど欧州の周辺国では7月半ば以降に感染者数が増加傾向にあり、再び厳しい対策が導入されています。これらの国とイタリアの違いには何があるのか対比することは今後の対策に役立つのでは
鍵は「徹底的にやる」ということだと思います。
それを実施できれば「短期間で押さえ込める」のですが…

「徹底的にやる」ことができない場合には「ダラダラと長引き」ます。
それは、中国をみれば、一番よく理解できます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
自国の足元のことに目が行きがちですが、
外に目を転じれば、頑張っている国、逆境から這い上がって事態をコントロールしつつある国や地域があることがわかる。
それを知ることは勇気につながると思う。
そこで何が行われているのか、人びとは何に気をつけているのか、謙虚にしっかり学んで、これからの自らの生活に生かす。
そういう姿勢がこれからますます大切になってくる。
イタリアはコロナ対策で最も失敗した国と言われていたが、それが見事に成功した。何よりも人命第一で対応した成果のようだ。