新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2035年を目標にした 次期戦闘機は日本企業が設計に加え、戦闘システム、エンジンなど基幹部分の開発・製造をするとの記事。同盟国である米国の企業が協力して日米共同開発にする見込みだが、単独契約した1社が全体を統括するとある。日本が基幹部分の開発・製造をするレベルにまで達しているということ。同盟国アメリカの温かい支援を期待したい。
「これまで航空自衛隊の戦闘機は米国製を輸入したり、米国の機種を日本企業がライセンス生産したりする例が多い」
戦闘機の開発で日本企業1社と単独契約する方式というのはかなり異例なよう。
日本企業の開発、製造能力の向上につながると期待できそうです。