新着Pick
149Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
感染「場所」ではなく感染「行為」が問題なのだという真の論点をワイドショーや派手なヘッドラインに押し込まれる中で見失う人が多過ぎるということです。その代表的なケースが「東京都民は旅行するな」という偏見や差別としか言いようがない現在の夏休みを巡る風潮だと思います。
フランスでも、若者が飲めや踊れやで感染が増え始めたので、この先三ヶ月間、店を閉めるディスコやナイトクラブ類には、家賃、水道料金、電気料金その他諸費用を補填するため、月額で15000ユーロまで政府が補助金を出すことになった。
3月4月ごろの状況と比べると、手探りながら少しずつwithコロナの行動様式が出来てきている。 100%はないにしても、こういう状態の場所にはいかないでおこう、とかこの対策は必要とか。 特定の場所ではなく状況によって判断することが必要。
そのためにも、危険度の高い状況を作らないための指導と、人びとが判断するのに十分な情報が必要。
新宿区の業種別pcr検査陽性率を見ても、飲食業が45.9%と圧倒的に高いので、場所が重要と思う人が多いのでしょう。
アメリカ感染症学会は、リスクの高い活動として、クルーズ船に乗る、混みあったビーチに行く、ジムに行く、レストランの室内で飲食する、接触型のスポーツをする、カジノへ行く、礼拝に参列する、多人数のコンサートへ行く、スポーツスタジアムでのイベントに行く、ブッフェで食事する、バーへ行く、映画館へ行くを挙げている。

つまり、夜の街だけではない!
このウイルスは、今まで人類が遭遇した敵の中でも最も手強い。なぜ、人類の歴史の中で、今まで出てこなかったのか。行き過ぎた人類社会の自然破壊にたいする神の警告なのだろうか

まだまだ、私たちは破壊的な打撃を受けることになるように思う
本当に、恐ろしい
「密」という言葉が1人歩きして、会話や発声こそが飛沫感染の要因であることが忘れられているように感じます。

エレベーター内の人が増えると、「これ、密だよね」という会話が行われるシーンに何度も出くわしますが、それよりもエレベーター内での会話を控えるべきなんですよね。

エレベーター内で他人と接触感染するレベルの密着状態なら、その前に重量オーバーのブザーが鳴ります。接触感染予防の観点ではボタンに注意が必要です。