新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タイトル含めてミスリードがある記事だと思います。

まず、主体的で深い学びを引き出すために、講義型の授業が最適なシーンもあることは賛成です。

しかし、この記事では、自分の講義のアンケートをもとに過度な一般化が行われていますし、この方の授業力が高いなら、対話型の授業をすればより理解が高まる可能性は検討されていません。

また、こういう過去のやり方に逆戻しするタイプの論に気をつけないと行けないのは、主体的で深い学びやアクティブラーニングが必要とされるに至った元々の問題背景を無視していることです。

実際読者の皆さんに聞きたいのですが、一方的に話される講義型授業で良かった授業とそうでない授業、何対何くらいでしたか?良くない授業があまりにも多かったから、小中高でも大学でも授業改革をしようと、文科省も現場も奮闘してるわけです。

そういう問題背景を無視して、自分の考えを論じるのは自由ですが、専門家としては問題があると言わざるを得ません。
御本人の経験から一般化するのはいかがなものかと思います。

教育者として分かりやすい授業を心がけることは当然ですが、教育者が提供する分かりやすさが全ての受講者に届くわけではありません。
討論(というよりも「対話」だと思いますが)や体験は、学ぶ事柄について、対話や経験などの活動を軸にしながら別の視点や理解を促すものです。講義でのインプットと活動のアウトプットを混ぜること学びを広げて深めることを目指しているので、どちらがダメとか優れているという話ではありません。
講義だろうと対話だろうと体験だろうと、授業形態にかかわりなく、学習者の能動性や主体性を引き出す努力が必要です。
教育系の情報発信のほとんがこのようにLearning Experience (LX: 学習体験)についての言及ばかりで、その先にあるべきLearning Outcome(LO:学習効果)についての言及がありません。
情緒的な定性情報が多すぎて横展開が困難です。
また、一部の特異な事例を一般化しすぎる傾向も高いと感じます。
私たちはデータを活用し「教材開発」でなく「学習効果開発」を行なっていますが、全ての教育サービス、プロダクト提供者のLXへのあくなき追求により学習者のLOが最大化されることを切に願います。
関連記事一覧
欧米を真似た「対話的学習」一辺倒では、日本の教育が危うい理由
Diamond Online
121Picks

「ほめる教育」が子どもをダメにする理由とは
Diamond Online
121Picks

小学校の「プログラミング教育」の具体的な内容や、 導入された背景、狙いをマンガでわかりやすく解説! 子どもたちが学ぶ“プログラミング的な思考法”とは? - 最新記事
Diamond Online
42Picks

「若い頃に苦労した人は強い」のカラクリ 教育のプロたちが語る、思春期と成功体験の関係性
ログミー
36Picks

まずは数理的思考を身に付けよ!全大学が「AI教育」を競い合う時代に
ニュースイッチ
30Picks

E・トッド語る「エリートこそが、社会の〈分断〉を進めているのです」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
26Picks

元リクルートの校長・藤原和博さんに訊く【後編】「10年後も生き残るための教育」
SAISON CHIENOWA
23Picks

「つみたてNISA」で“教育資金・住宅資金・老後資金”を 堅実に貯める方法を伝授! 子育て中の30代の夫婦に おすすめの「3つの投資信託」と「積立額」をプロが解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説
Diamond Online
23Picks

キャリア教育における反転学習の効能は?
GLOBIS知見録 最新記事
21Picks

日本の教育現場を変えるのはA/Bテスト? 国家レベルで教育データの実験をやるべき理由
ログミー
15Picks