新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
定数を増やすことと質の低下の兼ね合いをどう考えるかは難しいところ。

ただ「地域の雇用を創出する改革パッケージ」には期待したいですね。

東京に学生が集中するのは教育の質ではなく、その先の就労機会や在学中のインターンや面白い学生とのネットワーク/交流なので、そこに対抗した政策を考えてもだめ。

地方には地方の魅力や就労の在り方、ライフスタイルがある。それをしっかりと差別化要素として打ち出せると良いですね。
オンラインとリアルを組み合わせたブレンディッド・ラーニングが普及すれば、定員の意味がなくなります。

ブレンディッド・ラーニングが進めば、どこで学ぶかではなく、誰から/誰と学ぶのかが重要になります。
定員増は短期的な解決策にしかなりません。
財源、権限が東京に集中している構造が
政治のみならず経済や実際の雇用、ビジネスチャンス、アートやエンタメにも影響します

地方が本当に魅力あるものになるには、中央主導ではなく、権限財源など政治的立場も強化していく事で、初めて地方の観光以外の魅力が増すと思います
地方大学でいい研究をする研究者が増えそこに人が集まるのがベストなのでしょうが、研究者で大学を選んでいるかというとそうではない気がします(大学院進学組はもちろん研究者で選んでいると思いますが)打ち手には首を傾げたくなる地方国立大OBです。