新着Pick
537Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にある商品別の販売動向に加えて、無印やヴィレヴァンが営業自粛となったSCや駅ビルに入居する店舗が多いのに対して、ニトリは自粛対象外とされたホームセンター企業の一角として、単独型のロードサイド店を営業継続できたことが大きかったと思います。
無印が先日に郊外店の強化方針を固めたのも、SCや駅ビルの営業可否に左右されない販売チャネルを確保したいと考えたからに他なりません。
ヴィレバンやドンキはあんまり目的買いではなく、ふらっと楽しむところなのかも。
ニトリは買いたい家具が出てきたときの第一想起だったのでは。

ポジション取りが明確になりましたね。
未上場なので情報がないですが、この並びであれば、TSUTAYAのCCCやIKEAがどんな業績だったのかはぜひ見てみたくなってしまいますね。単なる商品を売る小売というよりは「ライフスタイル」を展示・販売するプレーヤーとして。

ニトリは以前からの企業方針としてのEC拡大や商品戦略としてのマーチャンダイジングに加えて、店舗でのコロナ禍におけるオペレーションなどもしっかりとしていた印象があります。それらを総合してこの順調な業績なのではないかと推察します
ヴィレヴァンは、あの独特の店舗の作りもマイナスに作用したのでしょう。所狭しと本や雑貨が置いてある「雑多」な感じ。宝探しのようで昔から好きですが、やはりこの状況下で店舗へ行くことはためらわれます…。
オフラインとオンラインの融合戦略が求められています。それを実践している企業は、打たれ強い。リアル店舗が閉鎖されても、オンラインでしのげます。
似鳥会長とんでもないな。
物売りではなく、ライフスタイルの提案が創業当初からベースにあるので
ターゲット顧客のニーズを素早く汲み取り、顧客のより良い生活をサポートする為の提案をし続ける。
ほんと鏡だなと学び多いです。
テーブル、いす、棚などの生活空間作りの商品に対して、本や雑貨は空間で楽しむ商品。ステイホームで楽しむカテゴリーにはネットブリックスやゲームなど競合がひしめき合います。それぞれの企業の販売戦略も勿論ありますが、商品構成が違うことの差が大きいのではないかと思います。
この連載について
経済ニュースを「数字」でつかむNewsPicks編集部オリジナル連載。NewsPicksが注目する企業の決算・会計から、マーケットの話題、投資まで。様々なテーマを「キーナンバー」で読み解くことで、ビジネスパーソンに必須の「数字感覚」を養おう。
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
4,116 億円

業績

業績

株式会社ニトリホールディングス(英語: Nitori Holdings Co., Ltd.)は、主にインテリア(家具)の小売業等を展開する日本の持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.60 兆円

業績