新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
FRBによる3月以降の対応では、レポに加えて国債等の資産買入れも極めて大規模に実施した訳ですが、このうち国債に関しては残存期間が極めて短いもののウエイトも高くなっています。

このため、本来であれば国債の保有残高も、時間の経過とともに比較的早期に減少していくはずですが、FRBは満期の到来した国債の再投資を続けることをコミットしているので、レポによって生じたような効果は生じません。

しかも、前回のFOMCの議事要旨が示唆するように、FRBは、今後は景気回復の促進に軸足を移す中で、以前のように定額の国債等の買入れによる量的緩和に移行する可能性が大きくなっています。その意味では、FRBのバランスシートの規模も、ここから先は減るというより、むしろ増える可能性を念頭に置く必要があります。