• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

福岡・佐賀・長崎に大雨特別警報 命を守る行動を

ウェザーニュース
235
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 谷村 研人
    国内航空会社 気象予報士

    本州から九州付近に梅雨前線が停滞し、活動が活発です。普通なら南北に動いたり、高気圧が移動してくるなどして活動が弱まったりするのですが、今後少なくとも1週間程度、場合によっては2週間ほど同じような気圧配置が続きそうで、この間は前線がかかっている場所ではいつどこで集中豪雨が発生してもおかしくありません。

    特別警報が出ている地域では、警報が出たのがおおむね午前中、そのあと夕方16:30には特別警報に切り替わっています。東北から九州まで、水害や土砂災害がハザードマップに示されている地区にお住まいの方は、ぜひ警報が出た段階で避難の最終準備を進め、その数時間後に出されるであろう避難勧告をもって即座に避難できるようにしておいてください(避難勧告の前に避難することももちろん可能ですし、そのほうが安全で望ましいことです)。警報の発表をいち早く知れるように、スマホアプリや自治体のメールサービスなどのご活用もお願いします。離れた実家や親戚など、LINEなどで個別に連絡を取ってあげることも大いに推奨されます。

    現在特別警報となっているのは長崎、佐賀、福岡の一部ですが、雨雲は現在島原から熊本県北部に停滞しており、今後明日朝にかけてほとんど動かず、また大雨となる可能性があります。特別警報の出ている領域も、今よりやや南に拡大するかもしれません。
    明日日中にかけても熊本県を中心とした九州地方に雨雲がかかり続ける見込みで、もし熊本県側に特別警報が広がった場合には、明日中に解除できる見込みが立たないような状況です。
    2年前の西日本豪雨を彷彿とさせる状況です。国民全員で助け合い、死者ゼロで乗り切れるよう、声の掛け合いや情報提供など、皆さんにもご協力いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。


  • 今井 明子
    badge
    フリーライター サイエンスライター・気象予報士

    今度は福岡県、佐賀県、長崎県に大雨特別警報。九州はどこも油断できませんね。たしかに線状降水帯を思わせるレーダーエコーも出ています。土砂災害、浸水害、洪水のいずれの危険度も高いです。気象情報をこまめにチェックして行動してください。

    https://www.jma.go.jp/jp/doshamesh/m_index.html


  • Miyama Osamu
    Office Miyama 公認不正検査士、戦略・ITコンサルタント、スタートアップアドバイザー、デジタルフォレンジックスペシャリスト

    小倉在住の身としては、今年の梅雨はあんまり雨降らないなぁと思ってましたが、梅雨の最後の時期にようやく来ましたね。住んでる地域は最新のハザードマップから、50年に一度の最悪の水害の場合、0.5-3mの浸水があると言う警告は知っているので、近くの大きな河川が氾濫したらそこまでの覚悟はしてます。が、現実的にはマンション14階に在住であり、駐車場も階段の上なので車両の水没もないだろうと言うことからステイホームで大人しくしれいれば大丈夫でしょう。これからの時代、どこに住むかの選定でハザードマップは重要ですね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか