新着Pick
39Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
起業したい人がすればいいと思います。
少なくとも私の経験上では、「デキるやつほど起業する」という相関も因果も実感したことないです。
人工知能の松尾研のように、卒業生が続々と起業して多くが成功するという、勝ちパターンを確立してるラボが出てきているのも大きいと思う。スタンフォードとかで起業する学生多いのも、究極ピア効果で身近に成功例がある事が大きいのでは
東大生なら起業で失敗してもやり直しが容易だから()
私も東大出身ですが、在学中は官庁と交流が深い国際法のゼミに入っていたこともあり、周囲は国家公務員志望者ばかりで、自分自身も防衛・外務・警察関係の省庁に勤務することを志望していました。
ご縁あって金融系シンクタンクで職を得る幸運に恵まれましたが、官界ではなく、民間に進むことを決断するに際して、色々と思い悩んだりしたこともありました。
その後も紆余曲折があり、現在は金融業界で起業家として活動していますが、公の視点を持って仕事をさせて頂いており、官か民かという選択も含め、職業人生の拓き方はあまり堅苦しく考えない方がいいなあと改めて感じています。
「デキるやつほど起業する」という空気感を醸成できれば、いいんじゃないかと思う。東大という比較的社会的評価を受けてきた環境の中、起業のような有象無象の世界に飛び込める人がどれだけいるかはおまえ「デキル」という空気も必要なので。

とはいえ、競技ダンス部か。
電通大も競技ダンスは強豪なのだが、人(ジャッジ)が下す評価によって勝負が左右する競技ダンスをしていた、というのは、その後のキャリアにどういった影響を与えるのか興味はある。
起業は非常に素晴らしいことですし、賞賛されるべきだし、もっと日本に起業家が増えることは望みますが、優秀な人材がスタートアップセクターに偏るのもどうかとは思う。
「競技ダンスでも研究でも自分の力で道を切り開いてきた――。だからこそ仕事も「自分だから戦える場所で、自分の力でやりたい」。そして16年に立ち上げたのがTDAI Labだ。」
良いですね!

若い時に起業を経験してその後大手やベンチャーに就職する人もいますし、起業したいと思った時がその時なのだろうなと思います。