新着Pick
99Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大学在学中に起業しました。
大学での授業がきっかけで起業したというのもあり、教授が起業を推すのはいいなと思います。

同様の授業を取っていても起業するのは一握りですが、大学のやる価値はあります。
例に漏れず大学在学中の起業でしたが、これからはより一層「研究開発型」のベンチャーが増えてくると思います。資金調達ブームが一巡し、お金の出し手も、その領域のトップを走る企業に投資したい傾向があると聞きます。

日本発でユニコーンを目指すのであれば、PFNのような非言語で世界で通用する技術を持っているかが勝ち筋だと思っていて、逆にWebプラットフォーム系は調達力で劣る日本からはグローバルサービスは難しいのではと思っています。

無論、もっと大型のリスクマネーが大学発ベンチャーに流れることは賛成です。ロマンあるスタートアップが増えることを期待しています。
この「起業ブーム」というもので、私のところにも「起業したいと思うんですが...」とか「スタートアップやりたいのですが...」と相談にみえる方も増えていますが...

そういった時に、私は「起業は結果であって、目的ではありません」とお答えします。

スタートアップで成功されている方々に伺えばわかりますが、みなさん「結果的に起業しなかなかった」とか「起業が一番よい選択肢だった」という方が大半だと思います。

つまり、「起業」は手段であり、目的ではあり得ません、当然ですよね。

しかしながら「起業ブーム」という言葉で、一部の人たちは「起業」を目的化してしまっていることが残念です。

勿論、そういった人たちばかりではなく、きちんと目標をもって起業されている方々も多いので、そういう方々は、心から応援したいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
坪田先生はEMBA(Executive MBA)の卒業生で、EMBAだけでなくフルタイムMBAの卒業生数名を巻き込んでスタートアップされています。海外でもそうですが、MBAは必ずしも知識ではなく、厳しい勉強に耐え「信頼できる仲間」を見つける側面が少なからずあると思っています。
大学から見れば、大学が持つ技術や特許を「カネ」に変えるベンチャーを生み出すことは「やりたい!」となると思いますが、結構難易度の高い取り組みだとも思います。特許法務、会計、財務、戦略立案、プレゼン…などなど、技術を理解する大学教授や理系学生だけでは、立ち向かう課題が多いです。先日、カナダの某大学のDirector of Technology Commercializationという方とお話したのですが、起業家に伴走する組織が確立していて、その伴走組織内にさまざまな分野のプロフェッショナルがいて、プロフェッショナル同士のチームアップが大事だという話を聞いたところでした。特に技術系の先生が立ち上げたビジネスの場合、確実に企業経営ができる人材を大学内外から引っ張ってくることが必須だそうです。

理屈を考えたら至極当然な取り組みだと思いますが、結構力のいる取り組み棚とも思います。ただし、こういった伴走が「中途半端」な大学は、起業する側を不幸にする可能性も大いにあるのではないかと思います。
大学生が起業する最大のメリットは、資金=お金の重要性が分かり、お金を使うことも活かすことも肌で感じて覚えることが出来ることではないでしょうか?

お金を通じると、人の見方も変わります。単に気が合うというだけでなく、お金に対する価値観が近いと、真の友人になれます。

ただし、起業したらお金を集めらる…と勘違いして起業ありきで人生を考えている若者が増えているのは残念です。
大学での起業について、大学の先生で起業したことがある人はほとんどいないのではないかと思う(私も起業してたのは大学の仕事に入る前だし)。

とはいえ、大学発ベンチャーならば、起業や起業支援のノウハウはないものの、起業の気概があふれる学生に場所貸しやシード段階での融資などができるのではないか(そういう学生は大学に来ていない可能性も高いが・・・)。気軽に相談できる窓口があってもいいだろう。

大学も結構お金ない中大変だけど。。。ここは数の経済で、支援する量を増やしていけばなんとか花開くものもあるはず(そのための支援も必須だが)。ここは投資センスあふれるインキュベーターが必要かもしれない。
慶應医学部だけで14のベンチャー企業が誕生しているというのは知りませんでした。頼もしい。起業とは縁遠かった分野からも動きが起これば日本の起業熱も定着しそう。起業に熱心な学校のコミュニティ「超・起業学校」を立ち上げ、ヨコ連携していこうと考えています。