• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

インドの中国製アプリ禁止、巨大市場失うテク大手

9
Picks

この記事は有料会員限定の記事となります

無料トライアルに申し込む

コメント


注目のコメント

  • 笹川平和財団 上席研究員

    これまで、巨大な市場を目当てに、日本や米国、欧米の企業が中国を目指しました。中国の国内市場が伸び悩む中、インドは新しい巨大市場として注目を集めています。自らの製品を海外に輸出して利益を上げるようになった中国企業にとっても、インド市場は魅力的でしょう。
    インドは、国内企業を保護するのと同時に、その巨大市場を利用して、国際社会における存在感を増してくるでしょう。インドが、中国の人権侵害等にどこまで関心があるのかは定かでありませんが、国境紛争を抱える中国に対して対抗措置をとろうというのです。自らの国内市場からの占めだしに成功すれば、中国の経済発展にブレーキをかけることになるかもしれません。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか