新着Pick
655Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「圧倒的な勉強量」はよく林修さんがおっしゃってますし、「1万時間理論」もありますが、MBAもコンサルも中身以上に「そうした環境が普通」であることが大きいと思います。
Think、Think、Think、どの仕事においても基本だと思いますが、どこまで考え続けられるのか、ファクトを集められるか、そこからクリエイティビティを発揮できるか、やはり、好きじゃないとできないと思います。

>寝ても覚めても考え続ける
一休の社長兼CEO・榊淳さんの連載第4回です。
ーーー
高級ホテル・旅館やレストランの予約サービスを展開する一休は1998年に設立され、この分野の草分けとして成長。競合激化などにより一時低迷するも、ロイヤルカスタマーに特化し、ユーザーファーストを徹底することで、2012年から再び右肩上がりで業績を伸ばす。

それに一役買ったのは、2012年にコンサルティング会社から派遣され同社の経営に携わり、現在社長を務める榊淳氏だ。メガバンク時代は金融工学を駆使し、デリバティブ取引などのプライシングを担い、その後、スタンフォード大学大学院でコンピューターサイエンスを学ぶ。ボストン コンサルティング グループを経て、経営コンサルタントとして出合ったのが、一休だ。

社長業は週1日。週4日はデータサイエンティストとして、データ分析やコーディングなど社員業に従事するという変わり種。いかに同社を再成長へと導いたのか。バックグラウンドを振り返りつつ、その独自の経営スタイルを紹介する。(全7回)

■第1回 社長業3割、データサイエンティスト7割
■第2回 メガバンクで興奮した最先端の金融理論
■第3回 ニューヨーク転勤、仕事さえできれば認められる
■第4回 ボストン コンサルティングで鍛えた「思考力」
■第5回 低迷していた一休を再成長させた「猫パンチ」
■第6回 ユーザーへの提供価値を最大化するベストな方法
■第7回 問題解決に役立つ「データ分析」の方法
仕事をこなし、情熱を注ぎ、努力を惜しまないメンタリティーのストーリーですね。素晴らしい。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
株式会社一休(いっきゅう、Ikyu Corporation)は高級ホテル・高級旅館専門予約サイト「一休.com」を運営する会社である。 ウィキペディア

業績