新着Pick
194Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白い内容ですね。
組織に所属している人間が皆同じ価値観を有していることや、プライベートでも親密な関係であるというのは、それはそれで結構なことだと思いますし、マネジメントする立場からすれば御しやすい状態だと思います。

ただ一方で、そうした状態を前提として求めるのは窮屈な話ですし、考えも多様化すれば、過度に同質性や一体感を醸成しようとする組織マネジメントのアプローチは成立しなくなるんじゃないでしょうか。
それより、価値観はバラバラでも、共に向き合う課題に対して取り組む姿勢に互いが敬意を払うことができる関係の方が、より重要なんじゃないかと思う次第です。
ミーティングスタイルで活用されています。

合意形成するときは、同じ方向を向いて座る。

議論を深めたいときは、テーブルを囲んで座る。

試してみると、明らかに差が出るんですよね。
たしかに、目の前の課題解決に全力/精一杯だと、いちいち些細なことでぶつかる事が無意味と感じられますよね。ハイネケン、飲みたくなりました。
これ、大事ですよね。

多様性を維持しながら、同時に、全員をまとめあげるためには「ビジョン」を共有することが大事ということが書かれていると思います。

価値観が違うので、「やり方」を議論すると、当然ですが対立します。

そこで、「やり方」ではなく「何を実現するか?」という「ゴール」の話にすれば、そこは共有できるということです。

揉めた時には「で、我々は、何を目指すんだったっけ?何を実現するのだっけ?」という問いに戻れると、よいですよね。

そのためには、共有できる「ゴール」「ビジョン」が必須となります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
興味深い内容。
ヒトではなく、コトに向かう事の徹底は、チームワークや組織創りに重要な要素だと思います。
シンプル。おっしゃる通り、と感じます。

ただそうはいっても相手に意識が向いてしまうのが人のさがとも感じます。

そんなときは、相手との距離をあける、または、時間をあける
、と効果的です。

不思議と意識が調整されていきます。
しんどい時に