新着Pick
229Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
共同の敬愛する某記者のスクープ。体制縮小は既報な部分もありますが中身はかなり具体的に掘り下げてます。特に開発責任者でボンバルディア出身のアレックスが辞めてしまうのは象徴的で、彼が今後どう転身するのかも気になっているところです。

元ボンバルディアな人たちがいなくなるということは、名前もまた「MRJ」に戻るのではと勘ぐってしまいます。昨年「スペースジェット」に改称したのも外国人勢のパワーが強まってからだった印象があります。

うちのTwitterのフォロワーさんの中には三菱重工によるボンバルディアのCRJ(Canadair Regional Jet: カナディア リージョナル ジェット)事業買収が6月に完了したので、CRJをMRJ(Mitsubishi Regional Jet)にリネームすればいいんじゃないの?なんて意見もありましたが、案外近い動きになるのかもしれません。
開発責任者、はじめから経験ある外国の人に任せていたらどうだったのだろうか。今さらですが。国産とか、日本発の技術とか、それはそれで大事なのはよく分かります。でも余りにそこに目が行くと、顧客ファーストでなくなる気がします。言うのは簡単なんですけど、そのバランスをどこに置くかは難しいですよね。

中ではいろんな失敗続きだったと思うのですが、それがうまく生かされているのかどうか。

追記)私自身、当初からちゃんと懐疑的な目でいられたかどうかは、自信がありません。最初に国産ジェット構想を聞いたときは高揚感ありました。単純にすごいな、楽しみだなと。でも同時に、自分が作ってるのでもないのに、国産というだけでこんなふうに高揚してしまう自分が恐ろしいな、とも思ったのを覚えています。
作っても売れないでしょ今
以前NewsPicksのオリジナル記事でも取り上げられていましたが、本当に総力を上げて最大限の努力をされてきたと思います。それでも状況が許さないこともあります。
もちろん今から振り返ればあの時こうしていれば、というのはあったと思いますが、でも新しいことに挑戦したら失敗はつきものではないでしょうか。失敗や経験にはぜひ学んでもらいたいと思いますが。
少なくとも、この事業自体が無くなるわけではないし、スリム化されたチームではありますが、ぜひ型式証明を獲得して、空を飛んで欲しいと願っています。
経営戦略において、撤退戦略がどれほど難しいのかが分かるケーススタディーになりそうですね。
ご検討をじゃ無かった、ご健闘を祈念しております。
開発が遅れたことで、新型コロナウィルスの影響が直撃、この機体の開発どころか航空機業界、航空業界全体が危機的な状況になっている今、開発の進退を判断すべき時期かもしれません。

開発のタイミングが、いかに重要かが実感できる事例になってしまいましたね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
三菱航空機は人員を現在の約2000人から半減し、海外は米国をのぞいて全て閉鎖。開発責任者も刷新するとのこと。来週に正式発表されるようだ。
型式の認定をとることのハードルの高さ、飛行機の事業の難しさが伝わってくる。コロナで飛行機需要が一気に落ち込み、それは成長することが確実と言われていたリージョナルジェットも例外ではない。スリムになった体制で早く認定をとり、ANAをはじめとした受注済みの顧客への納入をし、いち早く空を飛ぶところをみたい。怖いのはキャンセル。すでにキャンセルが出ているが、これだけの不況になるとキャンセルが怖い。さらに同じプラットのエンジンを積んだ飛行機が出るなど差別化要素が機体の設計など差別化ポイントが少なくなってしまう前に早く飛んでほしいものだ。
高い性能を誇る航空機なんですが。何がボトルネックになっているのか知りたい。
とうとうANAもキャンセルしたかな?

業績