新着Pick
770Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナによるリモートワークの普及や経営環境の変化などで、我々の仕事はどう変わるのかーー1週間を通して「仕事のニューノーマル」を考察して参りました。

会社に出社しにくいという事態が各人の仕事を再検討、再定義する機会となり、尚且つ需要減などから競争は激化したことで、より高度なレベルでの製品・サービスが求められるようになると、デジタル化、そして仕事のジョブ型化(高度専門化)は益々と進むと推察されます。

しかし、そのジョブ型をもってしても、日本流メンバーシップ型からの移行は、はじめて議論されているテーマではなく、今は第三次ジョブ型ブームの最中ともいえ、その間には何社もがトライしては失敗しています。

つまり、ジョブ型、あるいはデジタル化すれば組織や経営は良くなる、業績は上がるというほど、単純な話ではなく、現在は、各社が各様でそれぞれの「ニューノーマル」を模索する時期だといえます。

我々は、今度も経営の変化やそれに伴う、仕事の未来、個人と仕事の幸福な関係などについて取材を進めて参ります。特集を最後までお読み頂きました皆様、取材にご協力頂きました皆様、本当にありがとうございました。

DXとはデジタル化ではない、効率化であり高速化。
名前は何でもよいと思う。

DXとは「圧倒的なビジネス・スピードを獲得」すること
ザッツライト。

大企業がやりがちな専門部署を立ち上げて丸投げ、はいこのパターンダメ。
本質を変えず一端だけを変えるようなもの。
企業の革新とは根こそぎ、あり方そのものを変えことが大前提。
「DXとは、デジタル技術を使うことが目的ではない。ビジネスのやり方を変えるために、組織と企業文化を変革するのがゴール」。その通り!DXを担当する部署は、最終的には部署がいらなくなる(全社で当たり前になる)ことを目指すべき。
例えば給付金のDX。ペーパーワークの申し込みからデジタル申し込みに変える場合、業務プロセスがわかった人が推進しなければ失敗する。それが今回も露呈しました。

まる投げする癖をつけず、まずは大きな枠組みを決め、プロセスの摩擦を一つずつ取り除いていく。そういう視点と根気を身につける訓練が必要です。業務がわかる人材を社内で育てることがDX推進につながります。
いやどんどん踊らされて良いと思います。多少間違っていようが本質理解がなかろうが、次の大災害、疫病対策としてDXは可能な限り進めるに越した事はない、そのためには踊らされるくらいが吉では。
この記事の最初の部分だけで苦笑してる会社の方多いのではないでしょうか。DXの言葉を見ない聞かない日はありませんし、仕事上でも一緒です。目的と手段、わかっていてもよく取り違えたりしてますし。
コロナでデジタル化は10倍速くらいでリアルの日常に浸透していますから余計バズるとは思いますが、小さくともまずはアクション、そこの勇気がこれからを変えると思います。ダイバーシティも働き方も身近なところからできることはたくさんありましたが、なかなか浸透遅かった。
まずは自分の立場に置き換えてのアクション、いろんなこと進むときと感じてます。
とてもわかりやすい記事で、用語含めて説明も勉強になりました。
新しい概念つくって、それとりあげて拡散しておいて、今度は解釈がおかしいと否定したり、バブルだと言ってみたり…んでもってまた新しい概念つくって…と同じことの繰り返し。

必要なことは、話についていくことではなく、識者の方と同じように持論をつくること、だと考えます。それは、

自分がDXを再定義するとしたら、どんな内容になるか?

この問いに対する自分なりの考えを持つことからはじると考えます。

私は、ヒトが物理的に介在しないで製品サービスを顧客に提供できるようになること、と考えています。
目的を明確にし、全体設計を明確にして進んでいけば良いですね。この全体設計をするのが中々に大変ではあるのですが。
まだまだ道半ば。近道はないなぁ、、
この連載について
我々は、withコロナで変わった、非効率を解消したワークスタイル、新しい幸せのカタチが生まれたライフスタイルを、今更、元に戻すことは出来ない。 それは企業も同じだ。コロナショックでつまびらかになった、会社にとって本当に必要なビジネス、人材を見極める段階に直面している。我々は、コロナ後の「新しい世界」を「ニューノーマル(新常態)」として受け入れる段階に入っている。では、我々の直接の仕事や働き方を左右する、雇用、働き方、評価と給料などの「ニューノーマル」とは?