新着Pick
192Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Adobe Senseiが発表されたときにすごいなぁ、とぼんやりニュースを見ていましたが、ここまで身近になるとは。20年ぶりくらいにここ数年、Adobe製品を触っていますが様々な編集がやりやすくなっていて驚きます。今回のPhotoshop Cameraでさらにそれを感じることができます。
昨年秋にLAで行われたAdobe MAXでお披露目したPhotoshop Cameraを、遂に正式にリリースしました!AdobeのAIプラットフォームであり基盤技術でもあるAdobe Senseiをフルに活用した渾身のアプリ(にも関わらず無料!)です。
ナチュラルな感じに仕上げたいときも、エッジを効かせてクリエイティブにしたいときも、Photoshop Cameraで撮影し加工すれば、特別な一枚を瞬時に作成可能です。特別な機材なしに、スマートフォンの画面で、一瞬でPhotoshopレベルの加工ができる驚異的なツールだと思います。
Adobe Senseiの人工知能は、何を撮影しているか(人物、風景、食べ物など)を瞬時に認識し、シャッターボタンを押すその瞬間に、洗練されたユニークな画像処理を自動的に適用します(未加工のオリジナル画像も保持されます)。さらに、被写体の特徴(ダイナミックレンジ、色調、シーンの種類、顔の範囲など)も理解して、複雑な画像調整を自動的に適用します。自分で加工しようとすると時間のかかる工程が、好みの「レンズ」を選ぶだけで一瞬で適用されます。
無償のアプリですので、ダウンロードして遊んでみてください。レンズのバリエーションは、今後もどんどん増えていきますので、ぜひご期待ください!
ダウンロードしましたが、無料というのに驚きました。

記事によるとハーダーメーカーとタイアップと書かれていますが、どういう仕組みでマネタイズするのでしょう?

PC版のフォトショップは結構なお値段のソフトですが・・・。
誰もがスマホで手軽に撮影し、撮ったもののクオリティは一定水準以上に引き上げられていくので、ブランドっぽさは、より真似されやすくなるんでしょうね。

表面上の似てるが増えれば増えるほどブランドにおける、っぽさが語られていくには、撮影に至る前段階での、哲学や思想がにじみ出るような丁寧な下準備、積み上げが、より大切になっていきますね。
ダウンロードして、今のところは撮影した写真をプレビューして遊んでいます。撮影する写真や撮影済みの写真にフィルターをかけるだけのアプリですが、このフィルターのことを「レンズ」と名付け、ユーザーが独自のレンズを作成できるようにしているのが新しく、この「レンズ」を作成するのにPhotoshopを使ってもらいクリエーターを育てていく狙いがあるように思います。

Photoshopはサブスクリプションで使えるようにしていますが、かつてはPhotoshopの入ったAdobe Creative Studioを購入しましたが、カード決済がすんなりと通らずカード会社に電話して解除してもらったぐらいの金額でした。海外からのカード利用となり10万円を超えたので決済が保留となったみたいです。今は1年使っても1.5万円ほどなので、結局契約を続けています。
早速使ってみたけど、結構面白かった。
AppleとAdobeが組んで、iPhoneのデフォをこれにしてくれればいいのになぁ。
Adobeは、Adobe Stock(画像アーカイブ)でお世話になっています。

ブランドのイメージとしては「プロ用でビジネス用途」という感じですが、果たして、このツールが、どこまで「一般ユーザー」の心をつかめるか興味があります。

もともと、Adobeの製品は、全てプロが使うビジネスツールなので、センスとして、それが残っていると、一般ユーザーのセンスとは、少しずれると考えています。

まぁ、よい方向で考えれば、一般ユーザーでも、プロ品質のものができるということですが、思ったとおりに行くかどうかはわかりません。

例えば、Snap Cameraの人気フィルターを見てみると、それがわかります。Adobeでは、とうてい出ないフィルターが満載です。

そこもユーザーコミュニティの構築次第ですが。

Pixel 4で試したいので、早くAndroid版をリリースして欲しいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
スマホのカメラが高機能化している中で、アプリの性能も重要になっていると思います。
Adobeの製品の中で無料であるのは素晴らしいです。

まずはインストールして使ってみます。
Androidのサポート機種が少ないね