新着Pick
324Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
やはり上昇が急過ぎたので、スピード違反懸念だったのでは。単純ではありますが、株価の時価総額をGDPで割ったバフェット指数で見ると、週始めで150程度と、過去最高間近でした。今期マイナス成長を加味すれば過去最高を更新していた可能性もあるかと思います。

材料がある個別銘柄はともかく、全体にはそろそろ調整のレベルだったかとも思います。

第二波懸念については、CDCの「第二波が発生すれば、今回よりもはるかに厳しいだろう」との発言が現地では大きく報じられ、金融関係者のマインドを冷やしたようですね。やはりまだ自身は新型コロナにかなり敏感なようです。
第2派懸念は突如現れるわけではなく、
調整下げの理由づけに持ち出されているにすぎない。

そして、この下げのきっかけは第2派ではなくて、
ゼロ金利を2022まで続けるという
FRB発表だと思う。

有効薬開発後のさらなる高騰を演出するための
アイテムが否定されたわけで、
時間軸が変わった。

天井が2021春~夏ごろまでではなくて、
2022のどこかに移動。

個人投資家はここに向けてポジションをいじって
いけば良いと思うな。
‪底抜けで今日は日本もマーケットが開く朝9時から大きく下げそうですね。‬

‪第二波、第三波来ると予想していた投資家が殆どだと思うものの、最近までの実態と乖離した高値相場による棚ぼたフェーズは一旦終わり。‬

‪どのくらいでまた戻ってくるのか…2022年??
これだけ世界中止まっていから悪くならないはずがないと思う。
第2波懸念は元からありました。
単に、これまで実体経済の悪化を無視して上がりすぎたという理由だと思います。日本も同様。
これだけ下がると、マーケットは今年3月の急落をイメージしてしまう。特にこれだけ政策が打たれた後だけに、警戒感は高まるだろう。市場ではコロナ第二波は想定の範囲内ではあるが、その時期は年後半の冬場くらいをイメージしており、同時にその頃にはワクチンなり治療薬の目処が立っているという楽観的なものだった。こんなに早く第二波が本当に広まり、再ロックダウンになり得るなら、想定シナリオより、かなり厳しい状況になるため、もう一度株価はプライスの織り込み直しが必要になるのは当然だ。
但し、市場は3月の株価急落からのV字回復も目にしている。米株の回復力の強さを目の当たりにしてきたのも事実。市場が3月のパニック相場を連想するか、あるいは急落からの回復力に注目するかが、これからの注目だろう。
第二波は言い訳の利食いの理由かと。ただ、vix指数急騰なので、これが継続となると潮目の変化になりかねないので少し怖い感じも
実体経済との乖離を前提とした金融相場は高値波乱含みに陥りやすくなります。企業収益と株価の溝はかつてないほど巨大ですから振り子も大きくはなるでしょう。

しかし、「下がれば手を打つだけ」というバックストップは(倫理的な成否はさておき)あるので、押し目と考える向きもすくなくなさそうです
我々ベンチャー投資の世界でも同じ事が起きているが、要するに悲観と楽観が同時に起きている、という人類史上珍しい状態にあります。ゆえに大変読みづらい。
昨日のFOMCで雇用が簡単には回復しないという総意が示されたところで、コロナ第二波が意識された展開。ボーイングやウーバー、シティなどが二桁の下げ率。中小型株指数も下落率が大きい。しばらく株価は上げ下げを繰り返しながら、集団免疫の獲得か、あるいはワクチン・治療薬が出揃うことを待つことになる構図。
NYダウは前日比マイナス1861.82ドルの

25,128.17ドルで取引を終了しました。新型コロナウイルスの第2波への懸念が広がったとのこと。
日本では昨日、東京都が東京アラートを解除し、「ステップ3」へ移行する方針を決定したところ。少し温度感に差があるように思います。