新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
それよりも、
・ちゃんとした発音することが恥ずかしいとする風潮
・それ故にわざと日本語英語で発音する風潮
をどうにかした方が良いと思っています。いろいろと改善すべきはあると思いますが、あれが結構大きいと思っています。

英語は音の言語。イントネーションやアクセントで伝える言語。言うなれば、変化に情報をのせる言語。そこが日本語との大きな違いだと思います。
中学生レベルの英語でのスピーキングテストだと、会話としての話す文章ではなく、個々の単語の発音をきちんと出来ているか?という確認でしょうか?

英語は、会話では、個々の単語の発音が前後繋がり、発音が変わって来ます。もし仮に帰国子女の子供なら、そういう発音をする筈です。

また、英語はグローバル言語なので、発音は国によってかなり違い、それでも慣れれば通じるものです。

このようにある意味正解がいくつもあるテストを入試に取り入れることの必要性がどこにあるのか?
日本人が英語が苦手なのは周知の事実ですが、高校入試のスピーキングテストが、その改善に役に立つとは思えないです。