新着Pick
422Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国批判を声高に叫んだところで中国が香港の「国家安全法制」を撤回するわけではない。香港が中国に返還されたときに「一国二制度」の中身は中国が決めることになったわけだから、香港問題での中国の政策を外から批判しても限界がある。日本が中国とガチンコ勝負をしても日本が被る損害を米英豪加が補てんしてくれるわけでもない。中国批判声明の隊列に加わらなかったのはむしろ日本の外交戦略のひとつと見るべき。
日本、欧米のマスコミは香港の暴動を革命と思い、民主、自由のためであるとみている。
アメリカでは同様のことが出ると、一斉に批判しだした。
そもそも物事に対する判断の基準は非常にあいまいで、イデオロギー闘争から来るものが多すぎ。
日本は欧米と同様、中国批判に加わることなく、今回の香港安全法に巡り示した態度は正しかった。
だれだれが訪日と関係なく、
基準のないことに対して同じく批判するなんか、日本しないのは賢明。
欧米諸国との亀裂といっても、この声明に参加したのは米英豪カナダなので、他に参加していない欧州諸国は多数ある。日本が独自の選択をした場合、常に「亀裂を生む恐れがある」と報じるのはどうかと思う。今回は非難すべきだったとは思うが。
国家安全法について中国を非難する声が多いのはよくわかるし、僕も香港市民には同情するのですが、考えてみれば、香港という存在自体が英国の、あるいは欧米や日本などによる20世紀の帝国主義の残滓です。植民地で人権が守られていたケースは極めて少ない。彼らに中国を非難する権利があるのでしょうか。香港は紛れもなく中国の一部なのですから。

日本がやるべきことは、声高に中国を非難することではなく、香港の高度人材を積極的に受け入れるなどの香港市民への目に見える貢献により、昨年香港から奪還した、東京のアジアナンバー1の金融都市の地位をも守るという戦略的な発想ではないでしょうか。国と東京都の胆力が問われるところ。

以上は、過去pickからの抜粋です。
https://newspicks.com/news/4948001?ref=user_345620

なお、中国による南沙諸島や尖閣諸島への進出は、それとは別に非難されるべきこと。分けて考えたい。
これ、米国、英国、オーストラリア、カナダが5月28日に出した共同声明のことなのか (・・?
https://www.state.gov/joint-statement-on-hong-kong/
「香港を巡り欧米各国が中国との対立を深める中」、「日本の決断は欧米諸国との亀裂を生む恐れ」とありますが、EU諸国もこの声明とは距離を置いているはずで、米国を中心としたファイブアイズの諸国はともかく“欧”と亀裂を拡げることにはならないような気がしないでもありません。仮に5月28日の声明を指す記事だとしたら、米英を敢えて“欧米諸国”として香港問題に対する日本政府の立場が極めて特殊であると感じさせることにどんな意味があるものか・・・ 米国との“特別な関係”を背景に大陸と対峙する位置にある点で英国と我が国は似ているけれど、隣の大陸が中国である我が国が、こと香港問題に関する限り、簡単に米英の動きに乗るわけにいかないというのは分からないでもありません。悩ましいとこですね (・・;ウーン
追記:英語で調べてみましたが、殆どが共同電の引用でした。読んでいる英語圏の人は、そうなのだと思うでしょう。外務報道官談話でいったん声明は出していることは触れられていません。再三、共同通信の記事については指摘していますが、世論を誘導する可能性のある仕立ての記事は、署名記事とすべきです。

(元コメント)
「欧米は失望」とありますが、欧米どの国がぐたいてきに失望しているかをまず調べる必要がある。本共同電では「米国など関係国の間では日本の対応に失望の声が出ている。」と書かれていて、共同声明の当事国のアメリカは当然失望するでしょうし、「関係国」が同じく当事国の加英豪を意味するのであれば、こちらも当然失望することになる。とすると、米加英豪以外の国で日本に対して失望を表明した国がどこか。とりわけ、欧米と報じているので、欧州で英国以外の国がどこか。

共同声明はこちら
https://www.state.gov/joint-statement-on-hong-kong/

日本政府は5月28日付外務報道官談話で「香港特別行政区に関する議決が,国際社会や香港市民が強く懸念する中でなされたこと及びそれに関連する香港の情勢を深く憂慮」と表明。この時点のスタンスを維持するということでしょう。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_005159.html
常に米国のポチでないことを表明しただけのことです。

日本にとっては中国も重要な相手国。
(とりわけ、貿易や観光で)

いつも米国の方ばかり持っていられませんよ。
どういう対応が筋であったかを議論したいところですが、そもそもこちら、誤報と言うかむしろ虚報であったとのこと。
https://ksl-live.com/blog32590
(下記の青山議員のblogは何回かにわけて投稿されています)
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=1852

本田圭佑氏ではありませんが、共同通信は「本気でヤバイ」ということでしょうか?
そして、毎日新聞とJapan Timesは英語版をまだ配信しているのですが、これは何らかの明確な意図があるということでしょうか?本当にこれ、議論が必要なレベルだと思います。
https://mainichi.jp/english/articles/20200607/p2g/00m/0na/017000c
https://www.japantimes.co.jp/news/2020/06/07/national/japan-rejects-offer-join-us-criticizing-china-hong-kong/#.Xt35TG5uJdg

本田圭佑氏
https://news.livedoor.com/article/detail/18379490/
「この記事が本当なら日本は本気でヤバい。
 この記事がフェイクなら共同通信は本気でヤバい。」

中身の議論をしたいのに、マイナスをゼロに戻すことに体力を使わねばならないこの国の報道・・。
辛坊さんがご指摘されていますが、これは、アメリカ、カナダ、豪州、イギリスだけですよね?

世界地図を見れば一目瞭然ですが、日本の周りには、完全な民主主義国家は極めて少ないのです。
中国の北にはロシアが控えています。韓国と北朝鮮は未だに休戦中です。
中国の南のベトナムも社会主義国。

憲法上、軍を持たない日本が、安易にアメリカやイギリスに同調は出来ないのは当たり前です。
恥ずかしい…


香港への国家安全法制の導入を巡り、中国を厳しく批判する米国や英国などの共同声明に日本政府も参加を打診されたが、拒否していたことが6日分かった。