新着Pick
528Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コレはホントにそう。
アウトプットする前提だからインプットを入れて考える様になる。
そしてよほどの有名人でない限り、SNSにコメントしても大したインパクトはない。それがちょうどいい。


ただし、
アウトプット前提だと、往々にして最初に方向性や結論を決めて、その裏付けとしてインプットを入れる形になりがち。

そうするとバイアスがかかった都合の良いインプットを選んでしまう。

なので、意識的にニュートラルにする必要がある。
インプットを入れてる際にアウトプットの方向性を意識して再検討すべきかと思います。

で、コレが非常に難しい。私も自信がない。

まぁ私の場合、NPやnoteでは誰も読んでないマイナー情報ばかりなので毒にも薬にもなりませんが。
アウトプットのみが評価される分野では、アウトプットできない知識のインプットは有害無益ですらあります。

ペーパーテストがいい例です。

答案にアウトプットできない知識をいくら仕入れても、これは完全に時間の無駄です。

合否は答案用紙にアウトプットされた内容だけで判断されるのですから。
話したことは、自分の言葉で深く記憶に残る。

つまり自分のものになる。アウトプットする知の回転力、大事ですね。

漠然とインプットして、自己満足しても、役に立ちません。高速回転で知識を活かしましょう。
既存の情報をいくらインプットしても価値のある情報発信ができるかどうかは、それらの情報から持論をいかに展開できるかでしょう
茶の間に分かりやすく伝えるのか、業界内に新しい風を吹き込むのか、アウトプットにもさまざまあります
知識だけため込んでわかりやすく話せる人なんて履いて捨てるほどいるのであまり必然性がある人材ではない気がします
また、得てして安全保障の領域ではそうなんですが、フェイクニュースをそのまま拡散する人が多くて大変困ります
何が言いたいかというとアウトプットするならインプットする情報の選定は極めて慎重にならなければならないという話です
特にそれが自分の専門分野でない場合には得てしてメジャーな意見を取り入れがちですが、真実はそんなところにはなかったりします
本なんてのは基本的に「売れる本」を書くわけであってメジャーであればメジャーであるほど通り一辺倒かもしくは極端な意見がつづられていることが多い
なんともこの記事には全開でYESとは言えません
「アウトプットするためにインプットする」というより「アウトプットしてはじめてインプットされる」という法則を理解した方がいいと思います。アウトプット(誰かにそれを話したり説明する)しないと、実はインプットされていないことが多いのです。
これは同様に、いつでも誰かに罵詈雑言のアウトプットを投げかけてばかりの奴は、それは自分への罵詈雑言というインプットになっていることにも気づきましょう。
"自身の言葉"に置き換えること…とても大事ですね。日本は、他の地域とは比べ、言語化する習慣が乏しい。昔から、「阿吽の呼吸」、「以心伝心」など、コンテキスト(文脈)を読み解くことに重きが置かれていたからだと思う。"行間を読み解く"能力の高さは、おそらく世界一だろう。決して悪いことではないが、一方で、"分かったつもり"になっている状態を生み出している側面もあると思う。日常の会話の中でも、相手から"分かるでしょ?"と言われると、"分からない方が悪い"みたいな感覚を味わうことは多々あると思う…。分かったつもりは、分かっていない。言語化すること=言葉に置き換えることは、深い理解を促す。"言語化"を英語では、verbalized、verbalizationといった意味合いになる。"言葉に表すこと"="話すこと"を意味する。頭の中で考えていることを言葉に置換出来なければ人間は話せない…。アウトプットの質を向上させるために、自分自身が馴染む言葉=MY OWN WORDに置き換えることが出来るまで思考を高めることを習慣化したいですね…。
メリケン教授業界では、授業時間の10倍ぐらいが準備時間の相場のようですよ、新規の内容の場合
面白い話するためにインプットすればつまんなくなる

楽しいからインプットするんだよ
その通りですね。

人に伝えることを意識してインプットしないと、自分の中で体系化されない。体系化されないと根付かないし、蓄積していかない。
アウトプットというと大勢のセミナーとか壮大なものを想像する方がいますが、つぶやきでも、メールでも、NPへのコメントでも、小さなことで全然よいと思っています。まとめる過程において思考が整理されたり、ポイントがシャープになったり、伝わるための表現の問題点に気付いたり。アウトプットを前提とすると考えながらインプットするので、吸収量も結果的に増えますよね。