新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今後進む産業間融合の“本命“と目される、MobilityとUtility。
Mobilityセクターでの電化が進み「バッテリーで動く車両」が増えれば、Utilityにとっては「動く蓄電設備」を多く手にすることになり、災害対策や再生可能エネルギーの変動性の吸収などに強みを発揮すると期待されています。
とはいえ、新型コロナウイルス感染症拡大による社会変容やエネルギー産業への影響が、この融合にどのように影響するかが気になるところ。
EV化を進める政策動向、バッテリーの技術開発動向、コロナによる社会変容とMobilityなどをテーマに、NPでもおなじみ大場さんと語るシリーズ第3弾です!1万字軽く超えたので、多分3分割でお届けします!(笑)

追記:大場さん、早速のpick、ありがとうございます!
こちらこそ、いろいろ話が展開して本当に楽しかったです。
大場さんのキャパの広さと深さ、相変わらずほれぼれします。

で、第3弾なのか、第5弾なのか、どっちやねん、と思われた方もおられるかもしれませんが(そんな細かいこと気にしてない?)、テーマとしては3本目(1本目:原油価格マイナスの衝撃、2本目:温暖化対策の動向)ですが、それぞれ1万字近くになったので、分割して掲載したため原稿の数としては5本目でした!
竹内さん率いるU3innovationsの方々との対談企画もはや第5弾。

今回はEVの未来についてお話しさせて頂きました。

一人で話すと順序立てて体系的に話すわけですが、対談だと話題が多岐にわたって、これはこれで得難い内容だなと思いました。この対談をもとに講演何本か作れそう笑

それにしても竹内さんの構成力はすごいです。実際の対談では手の届かなかった細かな補足を入れて、わかりやすくまとめて頂きました。

残り2回も楽しみにです。

みんなピック&コメントしてね