新着Pick
375Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一つ補足をするならば,Falcon9の低コストの理由としてブースターとフェアリングの再利用を挙げていますが,これら再利用を前提とする前から低コストを実現していました.登場時のあまりの安さに「ファルコン・ショック」と呼ばれていました.それはエンジンの開発と製造の戦略が従来企業と違っていたからです.そこを補われると良いかと思います.
大変詳細にこれまでの歩みをまとめてあるので便利なブログだとは思うが、こうした情報を集めるだけではSpaceXもイロン・マスクの考えていることも見通せないように思う。
よくある成功談的なまとめですが、重要なのは、困難や苦難を乗り越えて、これを推進しているElon Muskの情熱と信念です。

ただ、忘れてはならないのは、以下のSpaceX社のYoutubeチャンネルの動画にあるように、数多くの失敗を繰り返し、それを乗り越えて今があるということです。(動画はロケットの回収プロジェクトのものです)

How Not to Land an Orbital Rocket Booster
https://www.youtube.com/watch?v=bvim4rsNHkQ

きれいな文面を読むのと上記の動画を観るのでは、SpaceX社の挑戦がいかに困難なものかを理解できる度合いが違うと思います。

これだけ、すごい数の失敗をしても、それを乗り越えるためには、信念と情熱なしでは無理でしょう。

実際、SpaceXは、3度打ち上げを失敗し、4度目に成功したのですが、そこで失敗していたら、Elonは破産だという話もありました。

輝かしい大きな成功の影には、人には知らされない、数しれない失敗があるということですよね。

それにしても自社の失敗の歴史を含めた動画を公開するSpaceXの自信と信念はすばらしいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
イーロン・マスク率いるSpaceXに関してここまで詳しい記事は始めて。興味がある人は必読です!創業は2002年6月。20年近くやり続けた結果がいま。多くの起業家は短期間での成果を求めすぎる。本当に大きなことがやりたければ時間はかかるのは仕方ない。やり続ける意志の強さが、創り上げる事業のデカさに直結する!
知らないこともたくさんあって勉強になりました。そもそも、Space Exploration Technologies Corpで、Space Xなのですね。
記事3000本に目を通しての凝縮20000字というのも圧巻です。ありがとうございます!
怒りが原動力の起業家は強い。
幼少時代はアパルトヘイトの歴史上でも特に対立が激しく、当時の南アフリカには人種差別政策があった。そのような環境で育ったイーロンは、成長とともに自国の状況を知る中で国の秩序自体に疑問を持ち、人類の救済が必要だという思いが芽生えた。
今日、無事民間初の有人宇宙船のに打ち上げに成功したスペースXについて詳しい解説。ニュースでは追っていましたが体系的に知らなかったことがたくさんでした。
後できちんと読みたい。
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
8,901 億円

業績