398Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一見すると非常に厳しい対応に見えますが、実はどれも既出の話です。ここ最近の対中関連政策で五月雨式に話が出てきていたものをこのタイミングでパッケージとして改めて提示するシグナリング、その相手は牽制対象の中国であるだけではなく、選挙をにらんで米国国民へと対中強硬姿勢をアピールして「強い大統領像」を見せるという両目的がありそうです。

逆に、対中政策で既出でありながらこのスピーチで触れられてない物が何かに留意するのがポイントです。例えば、米中貿易協定は触れらていないので続行です。このスピーチの後に株価も上がっています。

既出ではない、新たな厳しい対中政策が何かしら示されていたら別だったかもしれません。しかし、このスピーチを聞く限り米中関係を詳しく追っていた人達にとっては想定の範囲内であり、だからこそ投資家の総意としてのマーケットも好意的に反応していると考えられます。
この会見では、他にもいくつも重要な措置がいわれています。中国に対する包括的な制裁措置というべきもので、もし全て実行されれば、経済への影響は甚大です。
・中国政府の隠蔽により、新型コロナウィルスが世界中に感染した
・WHOは、この事態を阻止しておらず、中国に支配されている
・したがって、米国は「WHOとの関係を終了」し、資金は他の国際機関に提供する
・スパイ防止のため特定の外国人(当然中国を意図しているのでしょう)の入国を一時停止する
・中国企業の米国市場への上場について、妥当性を検討する
・中国政府は、1984年に中英連合声明に違反して、香港の自治を無効化している
・香港への関税や入国に関する優遇措置を撤廃する
この会見の後、米国株式市場は大きく買い戻されたが、この問題の重要性を軽視していると思われる。今、起こっていることは、歴史の教科書に残されるような事態である。香港が香港でなくなる。中国が香港への一国二制度を無視して、香港を中国に組み入れても、実は香港の経済価値は失われない(人権的には酷いことだが)。なぜなら中国にとってマネーセンターとしての香港は重要だからだ。しかし、米国が香港への特別措置をすべて撤廃するなら、香港はもうマネーセンターではいられない。製造業の世界でしばしばサプライチェーンの寸断というような表現が使われるが、香港は金融版サプライチェーンの崩壊となる。トランプ大統領も、今日の会見ではそこまで踏み込んではいないものの、この流れの帰結はそこまで想定する必要がある。来週は天安門事件記念日(6/4)もある。香港問題の動向は注視する必要があるだろう。
HSBC(香港上海銀行)やスタンダード・チャータード銀行など、香港紙幣の発券業務を担い、香港に深く根付いている英系の金融機関が、今後こうした流れにどう対応するのかが気になります。
中国が香港のデモを抑圧するのは問題で、制裁措置をとるが、アメリカ国内で黒人を殺害した警官に公正な裁きを求めるデモは抑圧する。権力とか秩序とは何かということを考えさせられてしまう。
中国当局者への制裁などが中心で香港優遇撤廃の詳細は会見では言及せず。この問題に対する交渉の余地を残し、「取引可能」としておく意図が会見の段階ではあったのかもしれない。ただ、今後、政策が具体化していけば何とも言えないところ。
想定内のことであり、
香港問題がなくても中国を制裁する。
新しい発表は特にないけどこれまて出てた話をまとめて話した感じ。何度も中国を非難。「武漢ウィルス」と改めて指摘。世界、米国に深刻な被害を与えた。WHOは中国に支配されてるので関係をたつ。安全保障へのリスクとみなした中国人の入国も停止。中国企業の米国上場の妥当性を調査。香港は一国一制度になったので優遇制度を撤廃。


もしトランプでなければ宣戦布告に近い内容。ただいつも通り彼の言葉は軽いので、どこまで本格的に踏み込むつもりかは分からない。トランプと習近平、国内での自分の権力維持にだけ目が向いている人物が世界二大大国のトップというのは本当に危うい… 6月4日の天安門が起こった日。香港の民主派が仕掛けるとするとこの日。世界が本当に不安定になってきた…


トランプ大統領会見動画
https://twitter.com/realdonaldtrump/status/1266455834457968640?s=21
大統領選を控えて米国の中国攻撃の姿勢は共和党だけでなく民主党でも高まっています。第一次通商合意を中国が達成できない可能性は極めて高いと言われていますから、何らかの経済制裁も実施されるでしょうね。

まさに米中冷戦の到来ということかもしれませんが、米ソ冷戦が軍事力中心であったのに対して、2030年代にはGDPで米国を超えるといわれる中国との対立は正真正銘の世界の覇権国争いになります。

一方、トランプ政権のアメリカファーストの姿勢は自由主義国側の一体感も大きく低下させています。ベルリンの壁崩壊以来の安定が、米中+ロシアの対立で再び混迷の時代に入っていくということです。
日本の舵取りも極めて難しくなってくると思います。
香港への影響という観点では、旧宗主国のイギリスが英国市民権をより幅広く与えるような動きもみられる。
https://bit.ly/3evkLyg