新着Pick

滴滴出行、自動運転事業に5億ドル超を調達 ソフトバンクが主導

Reuters
[北京/上海 29日 ロイター] - 中国配車サービス大手、滴滴出行(ディディ・チューシン)は29日、自動運転事業向けに5億ドル超の資金調達を終えたと発表した。調達はソフトバンク<9984.T> の「ビジョンファンド2」が主導した。 
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Didiが自動運転強化のための資金調達をしたようですね。ビジョンファンド2が資金を出したところも興味深い(なぜ1ではないのか)。自動運転は配車プレーヤには必須の課題で、コロナで喫緊性が高まった模様ですが、誰が出資に応じたのか(事業の面でパートナーを組むのかどうか)などもう少し情報を集めたいと思いました。
今回のコロナでは中国のデジタルパワーを再認識されました。日本との差は残念ながら大きいと言わざるを得ません。

中国では自動運転タクシーの試験運行も既に開始されていますし、それに対抗できそうなのはWAYMOぐらいしか見当たりません。
次世代のモビリティ競争での日本の劣勢が気になります。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
13.1 兆円

業績