181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米豪加英という組み合わせが興味深い。アングロサクソン国家でありつつも参加しないNZや、米豪と共同歩調を取る日本、中国との関係が微妙な韓国などが入っていない。
香港の民主主義的自治体制と、それが保証するはずの香港の人々の自由や人権を守るためには、中国の高圧的な抑え込みに対して国際社会が意を唱えるしかありません。
香港の人々だけが反対しても、抑え込まれるのは時間の問題です。中長期的には、反中国政府運動が中国国内で広まる可能性があるにしても、相当の期間、香港の人々は自由を奪われた状態に置かれることになります。
ただ、国際社会の中でも声を上げているのは、米国が最も信頼する同盟国です。欧米諸国の多くは、国民自ら戦って民主主義を勝ち取った経験を持ち、自由や人権の重みを理解しているはずですが、それでも、その中の一部しか声を挙げていないのです。
中国は、米国とその同盟国が、自由や人権という価値を守るという口実のもとに、政治的な意図をもって中国に圧力をかけていると認識するでしょう。また、そういった側面がない訳ではないでしょう。
さらに、国際社会の中には、自由や人権の価値を重視しない国も多くあります。自由や人権が国際社会の中でも問題になることを理解しつつも、国内では国民を弾圧したり高圧的な政策をとる国もあります。そうした国々は、中国の政策を支持するか、少なくとも、自分たちに非難が向かないよう、口をつぐむでしょう。
米国と中国の政治戦は、軍事の領域だけでなく、経済や価値観の領域でも、国際社会を二分化する方向性を持つものだと言えます。
制裁で臨む米国に対して、欧州は「我々は中国の行動について甘くない」という程度。人権人権と言っている割に本当に重要な時には口をつぐむこの欧州の態度は欺瞞的だし、人権を単に覇権の道具としか捉えていないことの証左だと思う。こういう欧州の態度は世界から信頼されないはず、だからこそ同じアジアにいて中国からは逃れることができない日本は、欧州とは別の戦略、アプローチが必要なのだと思う。
習近平さんは秦の始皇帝の生まれ変わりとご自身思われているのでしょう。大経済圏構想"一帯一路"=漢人による世界統一支配というのが、本心にありますから、天安門の時の様な事にならなければ良いのですが、今はスマホがあるので一瞬に世界に情報発信されますから、西側諸国も黙ってはいないでしょう。ただローマ型の帝国主義と中華共産思想が、経済構想の中で合致した今、そんな簡単に折れるものでは無いですね。益々溝が深まりそうです。毛沢東時代の周恩来さんみたいなバランスの取れた政治家が中国にも居ればいいのですが。
あれほど広大な国土と多くの国民を抱えていれば、様々な民族、思想があるのは至極当然なこと、それを一方的な力の支配で封じ込めようとする前時代的な体制はどうにかならないのか?

古代には孔子や孟子など優れた思想家を数多く輩出し、今でもそれをバイブルにする人びともいる、今の中国に台湾や香港を大きな心で俯瞰する余裕は感じない。これ程情報化された現代で、多くの中国人が世界に行く時代に共産党一党独裁の思想を今後も押し付けると、いつか大きな爆発が起こりそう。

抑圧ばかりでなくある程度の自由度を許容するバランスの取れた政府ができないものか?
元は大英帝国だった4ヶ国。かつての大英帝国の悪辣な統治を知ると、おまいう的な憎まれ口を叩きたくなる。
とはいえそれは昔の話。現時点で表立って人権を尊重する体制かどうかの違いは大きい。どちらにつくかと悩む余地はない(対中戦争も辞さないとか勇ましいだけの非現実論はもちろんダメ)。
相手に自制を促すなら、自らも襟を正す必要がある。
米国も中国も香港をどうにかしたいという意思が明らかにない。お互い遺憾を伝え合ってるだけで一切制裁はなし。そしてこれが一番香港に効くことを米中お互いがよく理解している。