新着Pick
116Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
限界コストがほぼゼロの情報とサービスで利用者を集積してプラットフォームを築き、利用する企業をその上で競わせて利益を上げ、寡占化を進める「巨大IT企業」は、独占・寡占で失われる消費者の利益を問題にする従来の独禁法の概念で規制できない事業形態です。消費者は膨大な人々が使う便利なサービスを低コストで利用でき、激しい競争に晒されるプラットフォーム上の事業者は独占的な利益を消費者に負担させることができませんから。
そういうわけで「巨大IT企業の規制を(別の形で)強化する」のは必然的な流れであるように思います。ただ、我が国の政府が規制に乗り出すと、“江戸の敵を長崎で討つ”式の指導が及ぶ国内企業にやたら厳しくて、国際的な摩擦が起きかねない外国企業になんとなく甘いのもまた事実かと。「GAFAや、国内勢では楽天とヤフーが入る見込み」とのことですが、国内企業を国際的に不利な立場に置くことのない運用が為されることを念じます。
本件の趣旨からはズレてしまいますが、「テクノロジーそのものを提供している会社」と「テクノロジーを活用したビジネスをしている会社」を巨大IT企業という一括りにせず、その会社の事業を正しく捉えた表現を使ってもらいたいと思います。
GAFAを厳しく規制したいが大義名分が見つからず、ECとアプリストアを名目とした。Fはどちらもやっていない、データも抜き放題。まずは第一歩なのかな
"技術革新とのバランスへの配慮から、新法は罰則などの強制力が弱い"