新着Pick
1144Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東京医科歯科大の位高教授がmRNA創薬のポテンシャルを示す論文紹介と展望を解説しています。非常にわかりやすいかつおもしろい!

癌細胞の由来は私たちの体の中の健康な細胞です。これに遺伝要因と環境要因により遺伝子変異が入り癌化に至ります。免疫細胞は常に体をパトロールして出る芽を潰し続けているのですが、それをも乗り越える性質を獲得した細胞が勢力を増していくのです。免疫細胞にとって癌細胞が厄介な理由はやつらが元健康細胞であった事にあります。なぜなら免疫の大原則は"自己は寛容し非自己は攻撃する"だからです。

そこで今着目されているのが記事に登場する"ネオ抗原"。健康細胞と癌細胞を比較して、癌細胞だけが持っているタンパク質(つまり体にとっては非自己)を狙い撃ちするわけです。ターゲットさえ決まれば、あとはツールを何にするか、そこで使用されようとしている手段の1つがmRNAなのです。

自作で恐縮ですがご興味ありましたらご覧ください。
3分動画解説: セントラルドグマ
      (DNA→RNA→タンパク質)
https://youtu.be/sOUUogTVvO0
4月に始まった、注目の論文をレポートするPaprePicks。今回は新型コロナのワクチン開発で、世界的な注目をあつめている、mRNAがトピックです。コロナだけではなくて、ガン細胞なども、これによって治すための研究がすすんでいます。

ちなみにナビゲーターである位高先生は、とてもトークの面白い方でもあります。北斗の拳の原作者と対談した時に、ケンシロウが秘孔をついて相手を倒す(細胞を壊す)技について、研究者としてマジメにレスしたという話が記憶に残りました。笑
コロナを機に、今まで以上に体の仕組みや健康に興味を持たれた方も多いと思います。今回のPaperPicksは、体内に「設計図」を送り込むことで体をお薬工場にしてしまおうという発想の、mRNA医薬を取り上げます。
これが実現すれば、「血管が詰まって心筋梗塞になるなら、血管をメキメキ増やしてしまえばいいじゃない」といった新たな治療アプローチが可能になるとのこと。今後もぜひ注目していきたいです。
nRNA薬を取り上げるNP取材陣に、またしても驚きました。
いろいろと勉強になりました。

がんワクチンに関してですが、自分の専門分野に関わり“現実”を見てきているので、どうしても辛口になってしまいますが、専門的で恐縮ですが、まず、患者本人のMHC(主要組織適合性複合体)(*)との“相性”が良くないとうまくいかないようです。さらに、癌の細胞表面に目的とする抗原がいつもあるのかという問題もあります。抗原が表になければ攻撃できません。さらに、癌の遺伝子もどんどん変異していきます。それも多数の転移先があれば、それぞれで変異が違う事があります。

必死で研究をされておられた方々には申し訳ないけれども、臨床家からみると癌ワクチン等の癌免疫療法の歴史はオオカミ少年の歴史でした。ですから本庶先生が免疫チェックポイントの研究資金のためにいろんな薬剤会社を行脚されても、どこも振り向きもせず、大変苦労された事は先生御自身が本(**)に書かれています。そこに敢えて手を差し伸べた小野薬品は英断でした。(その後、いろいろあったようですが…)

(*)このMHCは別名HLA(ヒト白血球抗原)と言ってコロナ重症化との関連が議論されているものです。

(**)https://www.iwanami.co.jp/book/b450143.html
設計図(のコピー)そのものを投与する発想が面白いです。
従来の低・高分子医薬品やバイオ医薬品とも異なる治療手段として、ぜひ研究を進めて欲しい分野です。

mRNAは、アデニン(A)/グアニン(G)/シトシン(C)/ウラシル(U)のたった4種の塩基の組み合わせで、各々は安価に安定供給できることに加え、これらを任意の順につなぎ合わせる自動合成機も、そのRNAを増やす増幅手段もあります。特にオーダーメイドになると安全性確認の方法なども考えないといけませんが、RNAの配列に関係なく合成(製造)する手段が既にあるというのは、他の医薬品にない独特の優位性です。


しかし自動合成装置があると研究の進む速さが違いますね。生理活性を有する化合物群としては(多)糖類も無視できませんが、糖類は自動合成ができないこともあり、研究に必要な構造のものを作るにも時間とコストがかかるので、その機能解明が核酸やタンパク質ほどには進んでいません。
タンパク質(抗体など)、核酸、多糖類、分子医薬が全部揃えば、より高度な治療ができますので、新しい発想の医薬研究には大いに期待したいと思います。
期待の大きい分野ですね。

特に免疫系では一度抗原に対しての抗体を獲得してしまえば全身に回るので大きな効果が予想されます。逆にVEGFなどは全身に回ると心臓以外の血管新生を促すと逆に悪さをすることもある(網膜症の治療やがんの治療にVEGF阻害剤を使います)ので使い方を工夫する時間が必要かなとは思いますが。がんのネオ抗原も注目される分野ですが10年-20年では薬の振る舞いも見えないでしょうからまだまだ手術が必要な時代だと思いますが夢のある話でした笑
「メキメキと新しい血管が生まれる」のインパクト笑
人間のカラダを、薬を作る「製薬工場」にする。素晴らしい発想。アフターコロナの世界は自然に人間自信が適応する時代になのかもしれません。