新着Pick

ナフサの価格決定構造に変化の兆し

東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
17Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ナフサベースでしか取れないプロピレン・ブタジエンなどと、ガスベースで作れるエチレンや塩ビ(エチレン+塩素)では、既に価格トレンドが異なってきているが、今後もっと顕著になると思う。
なお記事2ページに、米国ではナフサは天然ガス由来のエタンから製造される、と読める記載があるが、事実ではない(おそらく理解はされてるが表現での問題)。ガスからナフサは基本的に作れないから、前述のような製品によって異なる需給・価格環境ができてくる。
また、2012年後半からの価格上昇は、円安による分も多いだろう。グラフの軸が円貨で、12年から13年にかけての上昇が顕著。円安によって上昇が顕著になるのは、2008年までの上昇局面でもあった(原油自体も上がっていたが、増幅効果があった)。