新着Pick
70Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そういえば、政府のマスクチームはどうなったんですかね。。

医療機関専用サイトというのはいいですね。有事の際にはそちらへ在庫を寄せたりできますし。
さすがAmazon。
通常の業者経由では、コロナ流行下で病院へのマスクやアルコール消毒などの供給が大幅に不足し、感染症指定医療機関でもマスクが足りないという事態が起こりました。

今後、コロナの第2波の流行度合いは地域ごとにムラが出てくると思われるので、こういったサービスで需要と供給のマッチングがうまくできるとありがたいですね。
モノタロウ(東証一部上場)でも以前から医療用品の専用ページがあり、診察器具や消耗品など幅広く取り揃えていますよ。工具の取扱イメージが強いので、あまり知られていないかもしれませんが。
医療関係は、随分前のTVドラマ「白い巨塔」的な「みえない(既得権益の)壁」がたくさんある世界のように見えます。

そういった意味で、今回の新型コロナウィルスにより「背に腹は代えられない状態」になることで、医療業界の既得権益の壁が壊れると、関係者のみなさんにとっても、よりよい世界となるかもしれませんね。

そういった意味では、amazonやGoogleといった企業を、少なくとも、それらの企業が得意な分野で、正しく中立的に評価、判断することは、とても重要だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
165 兆円

業績