新着Pick
182Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
結果的に上場廃止は当然のペナルティなのでしょうが、そもそも、ただのコーヒースタンドを“イノベーションを体現しているコーヒーチェーン”のように持ち上げて上場させた投資家、主幹事証券、取引所などの市場関係者がいまだにいることが大きな問題だと思います。
これほど偽計できる企業は少ないぐらい。一刻も速く退場すべき。
アメリカの会計事務所、弁護士事務所もずいぶん偽計づくりに助けている。それらの事務所も同時に処分すべき。
また中国系企業はバージン島とかのわけのわからない島を使わず、アメリカに上場しようとすればどうどうと中国大陸から上場していく。何かあったら中国としては責任の連帯があり、中国国内でも管理監督する。
今のアメリカ株式市場の上場はそうではなく、いつも迂回してバージン島などのところを使い、アメリカで上場する。
アメリカはそれを知らないのではなく、それを容認してきた。
その容認もやめてもらいたい。
サービスや利便性を武器に革新的な勢いで中国全土に普及した会社だけに、寂しい思いはあるが基盤がとても大事。

ドラッカーの言う「真摯さ」こそが、企業活動の前提であり基本として大切にされなければ行けない。

そしてマネジメントチームや株主、監査法人などが、適正なガバナンスと緊張感を働かせながら、企業成長に勤しむ環境が大事であることを改めて教えてくれる。
激烈なマネーゲームの中では、粉飾などの不正は一定確率で出現する。
でも、バレたら一貫の終わりということぐらいは、どんな前のめりの企業家でもわかっているはず。

このことで、中国企業全体のイノベーション力に対する評価が下がるとは思えない。
しかし、事業リスクを綿密に分析する聡明な企業家たちが、こんな「すぐバレる不正」を軽々とやってしまうということが信じられない。

彼らの周りの事業環境や慣習などに、何か欠陥があるのではないだろうか。
世界の投資家からお金を分捕って、中国人民に安いコーヒーを飲ませてくれたラッキンは英雄、義賊。

というジョークも中国にはありますねw
私もよく使っていて特濃コーヒーをよく飲んでました。義賊から分配を受けた一人ですね。すいません。
ラッキンコーヒーについての過去の自分のコメントを見てみると、すさまじい店舗展開スピードに驚きつつ、クーポンを多用しすぎていてユニットエコノミクスがあってるのかしら?という疑問は書いていましたが、まさか「売り上げの殆どが水増し」というレベルは想像できませんでした。別の記事によれば、時期は3か月ずれますが、売上高が9か月で29億元のところ、22億元の売上水増しって、これでよく上場審査が通ったな、といういレベルですね。。。
粉飾のペナルティで上場廃止処分ですが、この影響で加熱する中国スタートアップの時価総額が問われています。
他国に比べ異常な世界観だったので少し落ち着いて欲しいです。
米上院ではアメリカの会計監査に応じない会社を全て上場廃止にする法案が審議中です。アメリカの市場に上場する中国企業でこういう詐欺事件が連発していることに加え、中国政府は中国本土企業に対する会計監査を米国の監査法人が行うことをずっと拒絶している。Alibabaはすでに香港にも重複上場しているが、BaiduやCtripなんかは上場廃止になる可能性も
Like IT bubble in late 1990s and Housing bubble in 2008, we will likely to recall late-2010s period as "Unicorn Bubble," which is symbolized by Luckin Coffee and WeWork.
My simple question to the firm is, where was the money raised in IPO gone?

I just remembered Liquid Audio Japan...
ラッキンコーヒーの株を所有しているか、投資をしている人以外は、関係ない話なので、叩くことより、ラッキンコーヒーから学ぶことや、今回の顛末から学ぶことを考えるべきだと思います。

自分に関係ないことを、みんなで叩いても、全く意味はなく、その風潮が強いのが日本社会の弱みのひとつだと思います。叩く時間があれば、学ぶことが大事ではないでしょうか?

成功事例から学べることは少なく、逆に、失敗事例から学べることは多いです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません