新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私は以前よりニューヨークとニュージャージーにオフィスを構えて精神科の対面診療を行う傍ら、メンタルヘルス過疎地であるテキサス、ジョージアにお住まいの患者さんに対しネットのビデオ通話を用いた遠隔診療を行なっていました。

最近では、コロナウイルスのパンデミックに伴うロックダウンのためニューヨーク、ニュージャージーにお住まいの方も通院が困難になったことから、ロックダウン中はニューヨーク、ニュージャージーの患者さんも大半を遠隔診療に切り替えて対応しています。

精神科は身体診察が必須ではないため、遠隔診療との親和性が高いこともあり、米国では既に数年前からネット診療が普及していました。米国は医師法が州ごとに独立して制定されているため、州により遠隔診療の扱いも異なりますが、Telemedicine Parity Law (遠隔診療同等法)がある州では、保険会社に対して対面診療と同等の診療報酬を支払うように定められています。

遠隔診療は診療へのアクセスの敷居を下げるという意味では大きなメリットがあります。一方で、身体診察の必要がない精神科においても、対面診療でしか得られない非言語的な情報やコミュニケーションは診療において非常に重要です。遠隔診療ではこうした情報やコミュニケーションが得られないというデメリットもあります。遠隔診療は決して万能ではないことに留意し、メリット、デメリットを天秤にかけて利用していくことが大事だと思います。
州によっても異なるようですが、米国では、ビデオ受診には通常の受診と同じ診療報酬が認められた一方、電話再診には低めの診療報酬が設定されているという地域も多いようです。

理に適っているようにも思えるのですが、結果として医療機関は電話再診を断ってビデオ受診だけを受け付けるようになり、ITリテラシーが不十分で、感染リスクも高い高齢者だけが受診を強いられるという状況が報告されています。

あるいは、血液検査は自宅近くの検査室でというような誘導も準備されていますが、異なるシステムを使っており、院内ならワンクリックだったところが、FAXや電話確認など、余計にペーパーワークが増えているという事例もあります。

また、電話再診を行う日常が来て医師として感じるのは、思っていた以上にface to faceで得られる情報が多かったということです。あるいは、血圧を自宅では測定していない、など個々の事情で十分な評価ができないこともあります。

これらは少しずつ改善していけば良いわけですが、ネット診療ならではの問題点も浮き彫りになっており、現状では手放しに称賛できる状況にはないかもしれません。
アレルギー持ちの私も【2ヶ月に一度、同じ薬をもらうために1〜2時間並んで同じ診察を聞いて処方箋をもらい、さらに薬局で30分ほど並んで薬をもらう】

という、どう考えても効率的にはオンラインで全て完結する事をやっています。

コロナが与えてくれたデジタルシフトの最後のチャンス。
数多くのステークホルダーの事情はあれど、【オンラインにするためにどうするか】ではなく【オンライン前提で、より良い社会を創っていくためにどうするか】という所に思考を集中させたいですね。
日本は世界に比べて、2、3周遅れていますね。感染症のみならず、在宅医療、精神科、子持ちのパパママなど、いろんな領域にはニーズが眠っているはずです。デメリットやリスクをどう抑え、普及させていくか、単体のTV電話機能だけでなく、エコシステムにしていく迫力を期待します。
記事中のMICINの原聖吾社長との対談はこのあと20時からyoutubeで放映します!
https://youtu.be/E2BPF3YWefc
医療者だけでなく患者さん側の利便性が上がることは良いことですね。

一度、前立腺癌での患者さんの(医療での拘束による)喪失利益を算出したことがあるのですが医療で働く時間を奪うこともばかにできません。特に現役世代の時間を奪わないことが大事だと思います。その点、高齢者の方は普通に病院にいらっしゃってもいいかもしれません。重症化リスクも高いので。

日本も以下の対応が出来ると(クリニックの格差は大きくなりそうですが)、悲観されがちな医療費に希望が見えると思います。
「軽度の症状の診察はAIが医師を代替し、本格的な診断や薬の処方はオンライン診療で対応する」
今回、子供達のオンライン授業やサラリーマンのテレワークなど、色々な立場の人たちがIT環境の恩恵に預かり広がっていくようにオンライン診療も普及していくと思われます。

私の診療科の整形外科は外傷患者さんのギプスを巻いたり、手術等直接対面しないと治療が出来ない内容が多く、なかなか運用は難しそうです。

ただ、血液検査の結果だけを聞きにくるだけの再診などや、傷の部分を画像で見せてもらって経過を判定するなど、オンラインが使えるものもありそうです。

世界一の高齢化社会の我が国で、安価で簡単にオンライン診療が地方の隅々まで一日でも早く普及してくれることを願います。
支払いは当然キャッシュレスでしょうが、保険適用と処方箋の運用が気になるところです。移動も待ち時間もないのならメリットしかありません。特に総合病院は時間がかかりすぎます。

通院は触診や治療が必要なものだけとなりますね。

オンライン化という側面では個人の診察記録も病院ではなく個人に紐づく仕組みを構築してほしいものです。
触診せずにどうやってどこまで正確な診療できるのか不明ですが、選択肢の一つとしてはアリだと思います。

病院に行ったら、他の感染リスクもあるし、待ち時間もありますからね。

この記事を見て、ネット診療は心療内科などが相性がいいのではないかと思いました。
新型コロナの影響で日本も解禁されたオンライン診療。他国では以前より利用可能だったようですが、利用者が増えているようです。
日本でも利用可能な医療機関が今後も増えそうですね。
Withコロナでの遠隔診療が、Afterコロナになったら、Beforeコロナに戻るようなことにならないように!日本での心配事。