今日のオリジナル番組


詳細を確認
No More Rules 業界の改革者になるには?
本日配信
74Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昭和だと愚直に一つのことをやり続けることが美しくて、平成でもその傾向が続いたようにみえる。平成末期や令和にかけてようやく変わり続けることが美しいと変化がみられ、次はどのように変わっていくのだろう。若者はビジネスモデルがすぐに陳腐化することや浪花節では通用しないことを理解している方が多いので、これからが楽しみである。
「名門」や「老舗」などという言葉に表されるようなこれまでのビジネスモデルや組織文化と、この10年で激変したファッションビジネスで生き延びるために必要なそれとの乖離が止まらなかったのではないでしょうか。
中国企業の傘下に入る、という「劇薬」とも言える意思決定をできたにも関わらず、親会社の業績悪化によって結局あまり変われなかったという評価
百貨店×紳士服というドメインもつらいところで、そこから
百貨店自体が縮小を続けてきましたから、やむを得ない面があります。民事再生は販路を変えるチャンスでもある。
組織、ビジネスモデル、トレンドの変化がますます激しくなる中で、いつ沈むことになるかわからない航路を正常に戻すには、正確な羅針盤とキャプテンが必要。

数多くの船員たちを救えるにはこれしかないと思いますが、羅針盤は用意できても、それを意思決定するキャプテン覚悟と実行は船のサイズが大きければ大きいほど想像し得ない勇気が必要ですね。

当事者である時に真正面から見つめる事が中々出来ないのですが、すべてはこれが変革の第一歩になりますね。
ダーバンなんかは日本の高温多湿の気候向けのスーツは質が良かったですし、体型も日本人によく合ってました。真面目に商品開発はしていたが、時代の流れに色んなことが合わなくなっていたんだなと。自分もそう最近では余程謝る時しかスーツ着なくなりましたし。。。
レナウンの民事再生法申請についてのWWDジャパンデスクの解説。
アパレル大手で、レナウンがダーバンを再統合。主力販路は百貨店向け。2013年に中国繊維会社の如意グループ傘下で経営再建中。

業績