• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

台湾TSMC、米アリゾナ州の工場建設計画を発表-約1兆3000億円

127
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • badge
    明星大学 経営学部教授

    TSMCを巡る米中の綱引きの中で、この工場建設は戦略的に大きな意味があります。
    安全保障に直結する最先端の半導体(現時点ではとの限定付きですが)でもあり、米国は相当のメリットを与えたようです。TSMCによるファーウェイへの半導体供給への牽制も併せて見るべきでしょう。これへの規制強化との取引をした結果が本件。

    日本企業による製造装置や部材供給も併せて、サプライチェーンを見るべきで、米国内で完結している必要は戦略的にありませんし、米国もそれは理解しています。

    先日の日本がTSMCを誘致するかの報道は単なる希望ベースの話しでしょう。日本としてもTSMCとの付き合いは誘致だけが選択肢ではありません。

    なお米国における雇用吸収力も本質ではありません。また軍事用でもありません、、


  • ユーザベース SPEEDAアナリスト

    <追記>正式発表。結論、そんなに本気ではなく、最先端をスゴイ作るわけじゃなさそう。政治含めた結論という印象。
    2021~2029年で120億ドル投資。TSMCの年間投資額は大体100~150億ドル(どんどん増加傾向)。9年間で現在の1年の投資相当額。最先端半導体の製造のためには巨額の投資が必要で、年間15億ドルほどだとそんなに大きい金額ではない(ソニーの方が大きいくらいでは?)。
    リリース:https://bit.ly/2zzJfHr
    <追記終>

    アメリカの半導体拠点として大きめなのはアリゾナ(Intel)、テキサス(TI、Samsung)、オレゴン(Intel)あたりだったと思う。材料メーカーや装置メーカーのサポート拠点含めて、既に一定のフットプリントがあるところにはなっていくので、驚きはない。
    ただTSMCとしてもプロセス技術は生命線。支援に加えて、台湾の工場とどういうバランスで微細化レベル含めてグローバル体制を作るのかが注目。


  • badge
    東京大学 公共政策大学院教授

    トランプ政権にとっては数少ない良いニュースだが、自動化が進んだ半導体工場は雇用吸収能力が低い。アメリカのつらいところはサービス産業の割合が圧倒的に大きく、新型コロナウイルスはサービス産業に直撃していること。半導体の工場が国内にあっても、部品や素材が外国依存であったら、戦略的産業の内製化につながることにはならない。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか