• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【安永竜夫】タフネゴシエーター、三井物産社長のやり抜く力

NewsPicks編集部
437
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • PIVOT エグゼクティブ・エディター

    三井物産社長・安永竜夫氏の連載を7日間お届けします。
    ---
    現在、世界65の国と地域で事業を展開。連結従業員数は約4万5000人。巨大商社、三井物産のトップが安永竜夫社長だ。社内序列で32人抜きという異例の抜擢を受け、2015年、三井物産史上最年少で社長に就任。1年目の決算では創業以来初となる赤字に転落したものの、翌年には見事にV字回復を成し遂げた。

    主に化学や発電所などのプラント事業畑を歩み、担当した地域は五大陸を制覇。舞台は砂漠かジャングルかツンドラか。そうした過酷な地域で、ハードな交渉をまとめ上げ、いつしかタフネゴシエーターへと成長。

    三井物産には「人が仕事をつくり、仕事が人を磨く」という言葉がある。安永社長は数々の修羅場体験をくぐり抜ける中で、デリバラビリティ(Deliverability)、すなわち想定通りに結果を出せる力を獲得していった。その仕事人生を振り返る。(全7回)

    ■第1回 タフネゴシエーター、三井物産社長のやり抜く力
    ■第2回 交渉の極意、有利に進める「設計図」を作れ
    ■第3回 グローバルビジネスに必要な「座持ち力」
    ■第4回 世界銀行への出向で得た「投資視点」
    ■第5回 仕事の責任は最後まで持て。数字は達成せよ
    ■第6回 オンライン出張で問題なし。兆単位の商談を締結
    ■第7回 「人の三井」コングロマリットの底力を見せる時


  • badge
    (株)アトラエ 取締役CFO

    興味深く拝読しました。あらゆるビジネスパーソンが修得するべき要素が記載されています。

    以下、抜粋
    最終的には、場の支配力を持っている人間が強い。ビジネスの戦略を決めて、それをアクションプランに落とし込み、周りの人を動かし、場を自分流につくり上げ、交渉を仕切る。これは修羅場を経験して初めて身につくものです。冷や汗をかくこともあるかもしれませんが、真剣勝負に身をさらすことで、覚悟と胆力が培われるのです。


  • badge
    証券アナリスト

    これはご本人の履歴書というよりも社員への鼓舞なのでしょう。
    今後の展開が楽しみです。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか