新着Pick
525Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自動車産業は特に先行きの見通しが立たず、非常に難しい局面にも関わらず、21/3期会社計画を公表したことは立派。
誤解も生まれがちとなるが、社内の危機対応、業界全体の経営努力に向けて、何らかの「基準」が必要だという経営判断である。保守的な前提ながら、とにもかくにもトヨタは営業赤字には陥らない、配当は安定的ということに尽きる。
これから社長の経営方針のライブが始まる。注目である。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/32486196.html

追記:豊田社長が今最も大切に考えることとは~「Youの視点」を持つ人材を育成すること。
これは。コロナを受け自分以外の誰かの幸せを求める人材を育成し、SDGsに本気で取り組む決意を示した。
新年度からIFRS移行。2021年3月期は営業収益は24兆円、営業利益5000億円(約1.9兆円の減益へ;為替円高想定で0.4兆円減益、台数減で1.5兆円減益)を提示しましたが、純利益は開示せず。前提為替はドル105/ユーロ110円。黒字を出すという姿勢と、コストダウンの掛け声という意味でしょうか。
ちなみに会計基準が異なるので直接比較はできませんが、過去を振り返るとリーマンショックの2009年3月期は営業赤字、その後2012年3月期まで営業利益は5000億円を割っていました。言ってみればアベノミクス前へ仕切り直すとみなせそうです。
いま、会見のライブを見ています。
追補。
モデルチェンジは若干遅れる。マイチェンや一部変更を見直す議論を行っている。
ウーブンシティについては、「やり抜く」と説明します。
追補。

開発現場のリモートワークについて。
開発職場でも在宅勤務は進んでいる。最後には実車確認工程はあるが、設計ツールをリモートでも使えるように急速に進めている。相当進んでいる。
売上高減が19.8%減であるのに対し、営業利益が79.5%減ですか・・・。

あれだけの従業員を抱えていればやむを得ないのでしょうが、「固定費」の比率がとても高いですね~。

社長が「終身雇用は維持できない」と宣言するのもうなずけます。
ホンダは下半期の業績予想は未定としていましたが、トヨタは売上と営業利益ですがしっかり業績予想を出してきましたね。(ホンダがダメという意味ではなく、トヨタが凄い)

まだ黒字なのがすごいと思うほど色々影響を受けていると思いますが、中国が少しずつ戻ってきてるとはいえ次のQはよりシビアな数字となりそうです。
減収減益は当然として、アンコトローラブルな変数が多すぎて先行きが読めないも関わらず、よく業績予想を出せましたね。

今後修正される可能性が高いと思いますが、さすがトヨタ。
予想への所感として、売上が6兆円減少のなかで営業利益1.95兆円減少はかなり粘っていると思う。
同じような減り方をしていったリーマンショックの頃と比較しても分かると思う(一方でここしばらくは北米の利益率中心に、売上の割に利益が出ていなかったという見方もできるが)。
会計基準のIFRS変更のインパクトはパッと見た限りは記載がなかったが、多分そこまで大きいものではないと思う。

以下2020.3期実績→2021.3期予想
台数:895.8万台→700.0万台(地域別開示はない、-21.9%)
売上:29.9兆円→24.0兆円(-19.8%)
営業利益:2兆4428億円→5000億円
営業利益率:8.2%→2.1%
※持分法投資損益以下は未定で、ドル円は109円→105円、ユーロ円121円→115円、4300億円の減益要因)。
https://global.toyota/pages/global_toyota/ir/financial-results/2020_4q_presentation_jp.pdf

金融危機前後の08.3期~10.3期は下記のような推移。
台数:891.3万台→756.7万台→723.7万台
売上:26.3兆円→20.5兆円→19.0兆円
営業利益:2兆2703億円→-4610億円→1475億円
サプライズ。売上高と営業利益だけ、業績予想がを出してきたのに驚き
。売上高は2割減と見通し。これで、世界の自動車市場の縮小規模へのコンセンサスができつつあるのでは
コロナが終わったら自動車販売はどうなるのか。しばらくは耐久材消費は戻らないのでは、という予測と、三密回避ができ使いたい時に使える自動車の所有はむしろ増えるのでは?という二つの仮説がありますが、どちらも一理ありますね。とはいえ個人的には前者の影響の方が大きい気はします
単純に20年3月期連結決算で純利益10%増の方がスゴいと思うのだが。
そんな自動車メーカー世界的に見てどこにも無いのでは?

『同時に発表した20年3月期連結決算は、売上高が前期比1.0%減の29兆9299億円となり、3年ぶりの減収となった。純利益は10.3%増の2兆761億円で、2年ぶりに増加した。本業のもうけを示す営業利益は1.0%減の2兆4428億円だった。』
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.7 兆円

業績