新着Pick
422Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
三児の母ですが、子どもが全員家にいる中での在宅勤務は相当にハードです。早朝から立て続けに行われるビデオ会議を、時には音声だけに切り替えて、その裏で子供のごはんやおやつを作ったり、勉強を教えたり、問題集の採点をしたり、喧嘩の仲裁をしなくてはなりません。

「マルチタスクここに極まれり」といった状況で、夜は本当にくたくたです。絵本の読み聞かせをする途中でも、自分が真っ先に寝落ちしています。長い人生の中では、家族と濃密に過ごせた貴重な時間だとは思うのですが。

それでも、我が家の場合は長男が高校生なので、食料品などの買い物に行ってくれたり、会議に集中したいときは幼い弟妹の世話を代わってくれるので何とかなっていますが、小さい子どもが家にいる状況での在宅勤務は、サポートなしではmission impossibleに近いと思います。
在宅勤務=子どもを家でみれる、では全くない、これはすごく大事なこと。
子どもを家でみながらでは、仕事の効率も格段に下がるし、なによりストレスがハンパない。

小学生なら大丈夫、ではない。休園だけでなく、休校も家庭と仕事に同様の影響を与えてます。

こんなに子どもと過ごすことなんてそうそうないから今を満喫しよう、とポジティブにとらえることもできますが、
そんなキレイごとばかり言ってられないほど、かなり大変やしツラい。

感染予防のために致し方ない状況であればもちろんがんばりますが、
各地の感染状況に応じて、適宜再開を検討して頂きたい。

子どもたちは登園、登校しつつ、大人は極力テレワーク継続、という選択肢もアリではないかと。
二児の親として感じている事ですが、
リアルに難しいと思います。

ただ家族が日々のルーティンではなく、
こんな長い時間一緒にいる事はないので
人生の走馬灯の中では出てくる
1ページなのかなとも妻と話をしてます。

でも、洒落にならない場面ではありますね。
なんとか生き抜いて笑い話にしたいと
一生懸命思案して行動したいと思います。
在宅勤務どうですか?というアンケートをして100人以上から回答を得ましたが、この課題は多く寄せられました。ヤバい時はテレビやゲーム機を「マキビシ」として活用するという回答も多くあったので、親が会議中のときに釘付けになってくれるこども用ZOOMチャンネルの需要はあるのではないかと思います笑
農業ですがかなり無理です。
特に子供が小さいので「静かに何かをする」ということができません。

夫婦二人で交代交代見るようにしてますが、常時働き手が1人いない状態で通常作業を回さなければいけないため作業の遅れが出て、GWは従業員さんにもお願いして出てきていただいてます。
幸い皆さん理解があり快くこれる日ほど働いてくれて大変ありがたいです。

農家さんだから自由に休みが取れると言われますが売上を削り、経費を積み増して対応しているのでとても牧歌的世界ではありません。他産業の皆様と変わらず現在進行形で戦時中です。

最近子供は親が見るものみたいに言われたりしますが、ちょっと前まで子供は社会の宝、家庭、学校、地域で子育てと言っていたのが素晴らしい手のひら返し(笑) 学校からも、地域からもそっぽを向かれ家庭に全ての負担を押し付けるなら税金や自治会費などをその分免除してもらわないと。じい様たちは昔は家庭で見たもんだとかいいますが
嘘つけ!
少なくともじい様たちの時代には学校があっただろうと。昔を美化し俺たちスゲーは老人の必殺技ですが、さすがにこれだけ長期化すると喧嘩売ってると判断しますよ本当に。

とにかく解せないのは死亡率が低く、重症化率も低い子供を隔離し、高齢世代は娯楽での外出率が高いというのはスジが通らない。

まず医療に負担をかける確率の高い世代から徹底すべきところをまったくデータ的に裏付けの無い学校や保育園を閉鎖は単なる高齢世代への政治パフォーマンスでしょう。

世代間闘争にする気はないですが、頑張ってる子育て世代(NHKの調査で最も自粛率が高い)に後ろ足で砂を掛ける行為をしてきたらそりゃ戦いたくもなります。
息子が小学生ですが、ハードです。
在宅は工夫しますし、番組作りもリモートを模索などしてます。
ただ、「お家学校機能?」や「教育」と仕事の同時並行は本当に難しい。
仕事が普通に倍になっている感じで、謎の疲れが。

お家で時間割りを作って充実した生活!お勉強に、お手伝いに家族がより幸せになってます!のような人もいる様ですが、
中々そういかず、ストレスが溜まり、GWまでと頑張っていたが、
またゴールが、こっちだよ!(5月末)と遠くに逃げて、溜息な人も多いはず。

大人も子供も「内」と「外」の顔がありバランスが大切。「内」のみの時間でもどう多面性を活かすか、ストレスをためずに、クリエイティブでいるかも課題ですね。
皆さんのコメントを見ているだけでも、救われます。
このストレスが児童虐待を招く恐れが多分にあります。

親が自覚していなくとも、キツイ言葉を浴びせるのも「バーバルアビュース」と言って立派な虐待です。

既に多発していると推測されますが、児童相談所も自粛モードでしょ。

専門家会議の人々は、こういう方面に関しては全くの素人。
私も二児の親なのでよくわかります。と同時に、保育園関係者の皆様への感謝の気持ちでいっぱいです。

幸い、NVIDIAのRTX Voiceという超絶ノイズキャンセラーのおかげで、息子や娘の大声やノイズは、まったくオンライン会議で入らなくなりました。時々息子が画面に出てきたりしますが、会社はそういうことも笑って受け入れてくれる柔軟さがあって助かります。

とはいえ、「集中できない」は事実です。人間は集中するまでに平均20分かかると言われていますが、集中モードに入る前に娘が泣き出したり、息子がYouTubeの操作で困っていると、ついつい助けに行って集中が削がれます。

なので、今何をしているかと言うと、午後にオンライン会議がない場合、お昼を食べたら息子と一緒に2時間ぐらい昼寝します! そしてその分深夜、子供たちが寝静まった後に仕事をします。集中できますよ~!

こういう働き方も、時間に縛られない柔軟な働き方の1つだと思いますし、ちょうど深夜は本社のサンフランシスコが目覚める時間なので、コミュニケーションもすぐできるという。
小学生と幼稚園の子供がいます。
元々自宅兼事務所がメインの仕事場、妻もフリーランス。
自由だね〜とか楽でいいね〜とか言われ続けてきましたが、ようやくわかったか!という心の狭いことを思っています。

ついでに言うなら、2月末に出された休校要請の時、小学生なら自分のことできるでしょとか小学校は保育の場なの?的なコメントが踊りまくっていたことも、心が狭いので忘れていません。
無理だから保育園が存在してるんです。

在宅で働きながら子育てが出来るなら、保育園なんて不要です。

うちは夫婦で交互に出社しているので、実質的な勤務時間は半分になりました。

家で2歳児を見ながら仕事なんて、まともに出来るわけないので。

会社も損害を被っていますね。
今までの半分の業務しか出来ない人に、同じ給与を支払っていますからね。