新着Pick
789Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ケニアはいまちょうど人口密集地に感染者が見つかり始めたところ。感染対策の正念場です。記事の中にある写真がまさにそのエリアです。まだ過程にあるのでほんとうに広まらないで済むかどうかわかりませんが、これを乗り切ってドヤ顔したいところです。

アフリカの人々は、日本で育った私からみると、今回に限らずいつでも、不安になりすぎず、じたばたせず、次に来た波に乗ればよいという姿勢を持っているように見えます。日本では緊急事態宣言が2カ月近く続くなど、戦後生まれの我々には思ってもいなかった事態ですが、きっと大丈夫です。

追記)
たくさんのコメントありがとうございます。

感染者が捕捉できていないのではという点については、無症状の感染者が実はたくさんいたと各国で報道されている程度にはアフリカでもあるだろうと思っています。肝心な死者については、いま感染拡大が広がっているのはまだ都市で、都市は病院で死ぬ、そうでなくても噂がすぐ広がるので、ある程度捕捉できているだろうと考えています。一方、今後感染が農村の方に広がれば、コロナの死者数の把握は難しくなってきます。

若年層が多く高齢者が少ないからアフリカでは死者は少なく済むのでは、というのは、そうなるよう期待しています。当初は死亡者の年齢も発表されていましたが、やはり60歳を超えた人や慢性疾患がある人でした。感染は若い人もするので感染者数には関係はないようですが。
コロナが世界中で拡大し始めた頃、「アフリカがとんでもないことになる」とあらゆる識者が指摘していました。しかし実際は、欧米ほどの感染爆発には繋がっていません。なぜ感染を抑えられているのかを、プロピッカーの梅本さんに寄稿してもらいました。

記事の中で印象的だったのが、アフリカでは予想外の出来事が起こることが「日常」だということ。日本に住んでいると平和が日常ですが、いかに恵まれた環境で暮らし、その上でビジネスが成り立っていたのかを気付かされます。

コロナで世界が一時的にでもアフリカ化を経験したことで、これからあらゆるビジネスや商習慣が見直されていくのでしょう。今まで避けられてきた余剰キャッシュを持つ、在庫を積むということが、新たな常識になるのかもしれません。
興味深い記事でした。先進国だから強いわけではない、ということが分かる記事です。梅本さんが撮影された写真も現場の様子がとてもよく伝わってきます。最後に使われている、レジリエンス、という言葉。日本語に訳せば強靱性などとなりますが、それだけでは表現しきれない、レジリエンスの意味。

また、ファクトや現地の(信頼性の高い)情報源に基づいたと思われる定性的な情報の、絶妙な取り合わせという手法の面でも、参考になる。

データ、信頼の置けるメディア、信頼の置ける情報源。定性と定量がありますが、それらを都合の良いところや、センセーショナルなところだけを引っ張り出すのではなく、そのバランス感覚。ここがリサーチをする人の力の見せ所ですし、力量を測る視点にもなると思います。

国内外関係なくですが、ファクトは重要。特に外国については、相対的に日本語情報が少なくなるので、さらに重要。それを調べずに思い込みや、市井の噂レベルの情報を、それなりに影響力のある立場の人が言ってしまい、それが広がって再生産されてしまう現象を過去に何度も見てきましたし、現在進行形でも毎週のように目の当たりにしています。

ファクトが重要、という極々当たり前のことが、海外情報、なかんずく、新興国になるとなぜか抜け落ち、もっともらしいが誤ったセンセーショナルな言説が広がってしまう。そこに惑わされないようにすることもビジネスパーソンの情報力。
下記で地域別の感染者数などを見ることができる。アフリカ地域は今日時点で2万4713人、24時間での増加は1460人、死者938人。初期に懸念されていた状況から考えると、かなり抑えられている。記事の移動減少率のデータは印象的だし、犯罪まで減っているというのは興味深い。
なお最近は南米とロシアの拡大が止まらない状態。
https://extranet.who.int/kobe_centre/ja/news/COVID19_specialpage
過去の感染症の経験を生かし、迅速に対応しているアフリカ諸国。非常に興味深い内容で2度読みしてしまいました。日本が学ぶべき点も多々ありそうです。

たとえばPCR検査。
<南アフリカはこの1週間で7万件の検査を行った。これは、日本が同じ1週間で行った検査数の2倍だ。人口百万人あたりの検査数は、南アフリカ、ガーナ、ジブチ、チュニジアなど8カ国では日本より多い数を行っている。>
この事実に驚く人も多いのでは。(逆に言えば日本が少なすぎるのですが…)
良い記事です。本当に多くの人に読んで欲しい。感染症に関しては経験値が違うから、と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、過去の経験をしっかりと生かした対応を迅速に取れることのは大事なことです。
地方や農村部での感染拡大を抑制できるかが今後の鍵でしょうか。
たまたまインドの農村部でビジネスを展開する 知人とオンラインで会話をしていたのですが、農村部での感染拡大を抑制するためには、
・農村部での感染者情報を迅速に収集・分析し、医療資源を有効に配分できるか、
・必要な情報を正しく住民に提供できるか
・暴動や物資が足りないなどの問題を、その地域内で解決できるか(もしくは解決するように住民同士が協力できるか)
など農村部での感染拡大の抑制のポイントはいくつかあるという話になりました。いずれも即座に必要な治療薬や物資が十分が手に入るとは限らない環境にないがゆえのポイントだと思います。アフリカ各国でも同じかもしれません。

こういう時は人的ネットワークがモノを言うことが多いと思っていますが、ここを読んでなるほどと思いました。
「アフリカ11カ国では、これまでの疾病対策から、伝統的な治療師や村長といった人たち約6000人を組織化して、携帯電話で患者の発生を報告するシステムが存在しており、今回もこれが使われている。」
アフリカ各国農村部には国境に面している地域も多いですし、国横断でシステム化されているのは素晴らしいです。
アフリカの現状はあまり報道されず、イメージだけで語りすぎてしまうので注意が必要だが、こうした解説が出てくるのはありがたい。どこまで正確なアフリカの描写なのか判断する術はないが、感染症慣れしているというのは説得力のある説明。
何もかもが日本の先輩格であるように感じますね。

ナイジェリアへ行ったときに貧困街でいろんな人と話して感じたのは、彼らは国民所得という点では確かに貧しいかもしれないけど、幸福感はとても高いんですよね。

日本にいるとネガティブな言論ばかり目立ってうんざりすることも多いんですが、ケニア、ナイジェリア両国ともに5月になれば良くなる、解決すると考えている人が8割近くもいるとのこと。

こういうたくましさがアフリカの強さ、明るさなんでしょうね。日本人のわれわれも見習いたいところです。

ここから先にまさかのパンデミックなど起きないように願っています。
アフリカでコロナが広がっていないという「事実」はなにより素晴らしい。でもここで理由を簡単には明らかにできないし、この後どうなるかが全く分からない中では専門家の意見を待ちたいところ。

ブラジルも中国・日本で感染者が多かった2月中旬は感染者ゼロ。熱帯気候で夏だからとかなんとかいろいろ語られてきましたが、今は残念ながら感染者は伸びている状態。タイミングの問題なだけでした。

とはいえアフリカで広がらないことを願ってやみません。
不確実性の中で生きる人達の強さと、文化への理解。日本も学ばないと「ケニアでは、ミュージシャンや俳優、アーティストがライブハウスが閉まっている期間中にもTVやラジオを使って引き続き活動が続けられるように、資金を用意し収入保証を行うことを発表している」