新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サステナビリティと「三方よし」の共通性はしばしば指摘されていますが、最近はこの中でも「世間良し」の部分に非常に重点が置かれるようになってきたと思います。

「クリーン」という単語には、汚い/有害なものが含まれない・倫理的でフェアであるといったニュアンスがあります。人体にも動物にも環境にも悪影響を与えない美容として、「クリーン・ビューティ」という言葉はよく合うと思います。日本でも最近、美容雑誌等でSDGs特集やサステナビリティ特集が非常に目立ちますが、特に最近よく見るワードは「サステナ美」ですね。

美容関連商品も最早、「美しくなれる」とか「コストパフォーマンスが良い」だけでなく、「世間良しとなっているか」でかなり評価されるようになりつつあることがこの記事に記載されています。
一部の「意識高い系」だけが好んで使っていたものが、ある世代から当たり前のように消費されるようになりつつある。現在若年層と言われる彼らが成長する頃には、「世間良し」はより通常となり、取り組まない事業者は早期に排除されることになりかねないと感じます。もちろん、これは美容業界だけの話ではありません。