新着Pick
213Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
欧州諸国が緩和を実行する中、最も感染の程度が軽い日本で、緩やかとは言え実施されている行動制限を緩和する動きが見られないのは、一体何故でしょうか。そもそも制限が緩いのだから延期しても良い(するべきだ、してもしょうがない)という主張は、論理が破綻している。
またどさくさに紛れて、入学の9月延期などが論点をすり替える形で議論されていることにも、違和感が強いです。
経済や社会の観点が、あまりに軽視されている風潮を危惧しています。戦時経済から平時経済の先に構造改革があることは、歴史が証明しています。
少しは日本政府にもプレッシャーかかることでしょう
昨日のメルケン首相と、バイエルンのミニスタープレジデントのズーダーさんの記者会見を見ました。

ここで、大切な事があるので、引用します。

記者より、様々な主要な係数が次々と変わる事について、
批判をされた際の返答として、

メルケルさん
専門家、学者が、様々な検討を進めているが、
次々と新しい事実が分かり、その度に必要な対策を
するのは、必要な事である。
この様な困難な状況に於いて最も大切な事は、
情報を可能な限り公開する事である。
何の係数をどう考えて、どの様な方針を立てるかを
長時間検討した末に、決定、説明するのでは無く、
そのプロセスも含めて、説明する事が大切である。

もう一点、ドイツは無症状の人もPCR検査を行う方針とした。
特に、病院、介護従事者はPCR検査を行い、クラスター発生前に可能性を減らす事が出来るとしている。
どうして??日本より圧倒的に感染者数も死者数も多いドイツが5月4日から遊技場や美術館、教会を再開し、数日内に学校やスポーツイベントも。

ドイツの感染者は29日から1478人増加して15万9119人。死者は同173人増加して6288人。

日本はなぜ緊急事態の延長?
ドイツは累計感染者数約16万人、死亡者が約6千人。
日本は、累計感染者数約1.5万人、死亡者数約400人。

依然、医療崩壊の危険性がありますという日本の医療体制って、実は全然ダメダメだったということでしょうか?

そして非常事態宣言を1カ月延長しかない‼️と、まずは言い切って世論の反応を見ている日本政府のやり方は、情けないですね。
終息してないドイツで緩和するのが理解不能

日本もせっかく終息し始めたのに、今緩和したら再びパニックになるだけ

1. 終息してるかどうかは Covid Trends を見れば一目瞭然
https://aatishb.com/covidtrends/?location=China&location=Germany&location=Japan&location=New+Zealand&location=South+Korea&location=Taiwan

2. 韓国、国内新規感染ゼロに=新型コロナ
https://newspicks.com/news/4866220

3. スペイン風邪の事例では、介入が早く強くしたほうが、経済を優先した場合より、その後の経済成長が大きかった https://gigazine.net/news/20200409-pandemic-response-economic-recovery/
ドイツでロックダウン緩和。しかも来週月曜日の5月4日から。
実際、今回の感染症も感染の特徴がある程度とはいえわかってきているので、感染リスクの低い活動から緩和しても再拡大の可能性は理論上は低いはず。問題は市民がそこで緩んで感染拡大しそうなことまで再開してしまうかどうか。民度が試されているようなものだなと思ってしまう。

「ただメルケル首相は、国民が警戒姿勢を解き、ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)を失念すれば、感染の第2波を引き起こす可能性があると警告。」
どんな判断が最適なのか、自分自身でもジャッジが必要なタイミングになりそうですね。
--
ドイツは29日から1478人増加して15万9119人。死者は同173人増加して6288人となっている。
来週5月4日から遊技場や美術館、教会を再開する。また数日内に学校やスポーツイベントに関しても判断するとした。
ドイツはロックダウンを一部緩和し、具体的には「来週5月4日から遊技場や美術館、教会を再開する。また数日内に学校やスポーツイベントに関しても判断する」とのこと。
日本もそうですが、油断は禁物で慎重な対応が求められますね。
再生産数 0.76 のドイツが緩和拡大

日本は 35 の都府県で再生産数が 0.5 を下回っているのだから再生産数が低い都道府県は緊急事態を解除するべきだ