新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「散歩していて富士山に登った人はいない」という言葉もあるけれど、本文中の「キャリアは滑った転んだの経験の中から事後的に見えてくるものだとしか言いようがない」というのもまた真だと思います。

キャリア戦略/計画はたぶんあまり意味がなくて、「日々どう在ると心地よいか」の目標は持った上で、目の前のヒト・コトに向かって粛々と取り組むのが私たちにできることかな、と思いました。
なんとなく日本の「透明だけど必ずそこにあるカースト制度」を感じる文章だ。
「コントロールできないことについてはジタバタしないに限る」はその通りだ。言い換えれば適応力ということでもある。コロナ禍の中では給料が保証されていたり、一定数の貯金がある人ならそれでいいだろう。しかし、びっくりすると思うが、世の中の半数は貯金なんてゼロだし、コロナによって仕事がなくなり、物質的に金のなくなる不安と将来に渡って生活できない恐怖に心が支配されてしまっている人が大勢する。ジタバタしないとどうにもならない人達がいる。
川の流れに身をまかせて生きていける人はいいだろう。しかし、大抵の人は川の流れに飲み込まれて溺死するのだ、2011年のあの時のように。