新着Pick
208Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ゴールドマンは、米国が4〜6月期に年率二桁マイナス成長になることをいち早く予測しました。iPhone販売が本当にこれだけ落ち込むかは私には判断できませんが、実体経済の惨状はこれから徐々に明らかになっていくと思います。
GSの米国経済予測って、7月以降下期急回復シナリオなんだが、このアップル決算予測もそれに近い印象。マーケットは、下期回復シナリオは織り込んでいるよう。一方で下期回復シナリオが崩れた時、マーケットも同社株価もどうなるか気になるところ‥
第2四半期のiPhone販売台数は36%減だが、第4四半期の収益はマイナス2%と予測。この予測でApple株が下落したというけれど、最大2.6%安。

リモートワークの拡大で、マックブックやiPadは売れているのではないでしょうか。それとTVやゲームも。
もう株価はファンダメンタルを反映していないのでゴールドマンからの予測は信じれません。ドル円が95円まで落ちるって言ってた裏で何かやってたでしょ?
リモートワークが増えればMacBookの販売は増える様な気もしますが。
目標株価の233ドルについて考えてみる。
①昨日の終値は282.80ドル、そこから約-18%の下落余地
②終値ベースでここ半年の最安値は3月23日の224.37ドル、そこよりは上
③終値ベースでここ1年の最安値は2019年6月3日の173.30ドル、そこから+34%
④Appleの2019年9月期のEPS(潜在株調整後)は11.89ドル、それに対してPER20倍弱
iPhone SEの発表はあったものの、Apple Storeの休業も含め、売り上げを大きく落としそうなアップルは株価が大きく落ち込む可能性を秘めているとの評価。
そんなのゴールドマンじゃなくても予測できますよ…。
今のこの状況で、売り上げが上がるはずもなく。
経済がマイナス成長だからiPhone買わないという行動がどの程度起きるのかわかりませんが、新しいiPhoneが5Gに対応して新たな価値が出せれば、そこまで売上は落ち込まないのではないかと予測してます。
iPhone SEが売れ過ぎないように、敢えて使いまわしのデザインを採用したのでは?
ゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group, Inc.)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループである。株式・債券・通貨・不動産取引のブローカーであり、貸付・保険・投資銀行業務にくわえ、プライベート・バンキングも行う。GPIF年金運用委託先の一つ。元幹部が1MDB汚職事件について、アブダビ系ファンドの内外から巨額の資金流用に関わった。 ウィキペディア
時価総額
11.4 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
211 兆円

業績